トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

コマンドでダイアルアップ

 構文

rasdial ConnectionName [UserName {Password ] [/domain:Domain] [/phone:PhoneNumber] [/callback:CallbackNumber] [/phonebook:PhonebookPath] [/prefixsuffix]


rasdial [ConnectionName] /disconnect


パラメータ

ConnectionName

電話帳 (.pbk) エントリへの接続時に必要です。<システム ルート ディレクトリ>\System32\Ras フォルダにある現在の .pbk ファイル内のエントリを指定します。ConnectionName に空白または特殊文字が含まれている場合は、テキストを引用符で囲みます。つまり、"Connection Name" とします。 Rasphone.pbk ファイルは、[個人用の電話帳] オプションが選択されていない場合に使用されます。[個人用の電話帳] オプションが選択されている場合は、username.pbk ファイルが使用されます。[個人用の電話帳] が選択されている場合、ユーザー名が Rasphone のタイトル バーに表示されます。名前の競合が生じた場合は番号が追加されます。


UserName {Password

接続用のユーザー名とパスワードを指定します。アスタリスクを使用する場合、ユーザーはパスワードを要求されますが、入力した文字は表示されません。


/domain: Domain

ユーザー アカウントがあるドメインを指定します。これを指定しないと、[<接続名> へ接続] ダイアログ ボックスの [ドメイン] フィールドの最後の値が使用されます。


/phone: PhoneNumber

Rasphone.pbk 内のエントリの電話番号を、指定された電話番号に置き換えます。


/callback: CallbackNumber

Rasphone.pbk 内のエントリのコールバック番号を、指定されたコールバック番号に置き換えます。


/phonebook:PhonebookPath

電話帳ファイルへのパスを指定します。既定では、<システム ルート ディレクトリ>\System32\Ras\UserName.pbk になります。ファイルへの完全なパスを指定できます。


/prefixsuffix

TAPI の現在の所在地のダイヤル設定を電話番号に適用します。これらの設定は、コントロール パネルの [テレフォニー] で構成します。このオプションは、既定ではオフになっています。


/disconnect

切断時に必要です。指定されたエントリを切断します。「/d」と入力しても切断できます。


解説

次の Rasphone.exe の機能は、rasdial ではサポートされていません。
ダイヤル手順でターミナル モードのユーザーを必要とするエントリオペレータ経由または手動のダイヤル

次の例では、Rasphone.pbk の OFFICE エントリに接続します。

rasdial office

次の例では、Rasphone.pbk の OFFICE 2 エントリに接続し、コールバック番号を指定します。

rasdial "office 2" /callback:555-XXXX

次の例では、EAST OFFICE エントリから切断します。

rasdial "EAST OFFICE" /d 

[カテゴリ: OS > Windows]
[カテゴリ: OS > Windows > コマンドプロンプト]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2009年01月30日 19時44分08秒