トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

コマンドプロンプトでレジストリを操作

reg コマンドによりコマンドプロンプトからレジストリの操作ができる。

Windows XP以降なら標準で使用可能。
Windows 2000ならインストールCDの Support Tool をインストールすることにより利用可能。

コマンド 意味 リモート
reg query 指定されたレジストリ・キーやそのサブツリーの値を表示する
reg add レジストリにキーや値名、値を追加したり、既存の値を修正したりする
reg delete レジストリから指定されたキーや値を削除する
reg copy レジストリのツリーをコピーする。ローカル・マシンのレジストリ内だけでなく、2つのマシン間でのリモート・コピーも可能
reg compare 指定された2カ所のレジストリ(ツリー)を比較して、その相違点もしくは同じ部分を表示する
reg save レジストリ・ツリーの保存。指定されたサブキー以下のツリーを指定されたファイルに保存する。保存されたファイルは次の「reg restore」でのみ利用可能。リモート・マシン上のレジストリを指定すると、そのマシン上の指定されたフォルダ(デフォルトは%SYSTEM_ROOT%)にファイルが保存される (可)
reg restore reg saveで保存されたレジストリを、ローカル・マシン上の指定されたツリーの場所に復元する。リモート・マシンのレジストリをreg saveした場合は、そのマシンへログオンしてreg restoreする必要がある 不可
reg load reg saveで保存されたレジストリを、元とは異なる場所へロード/復元する。リモートのマシンへも書き戻せる 不可
reg unload reg load 操作で読み込まれたレジストリのセクションを削除する 不可
reg export 指定されたキーやエントリ(とその値)をファイルに書き出す。GUI版のレジストリ・エディタでレジストリを書き出したときに作成されるファイル(〜.reg)と同じ形式で保存される 不可
reg import reg exportで書き出されたレジストリ値をローカルのコンピュータに書き戻す。エクスプローラ上で〜.regファイルをダブルクリックしたときの動作と同じ 不可

 

使用例
@echo off
setlocal

for /F "tokens=1,2,3*" %%i IN ('reg query HKEY_CURRENT_USER\Environment /v PATH') DO (
  IF "%%i" == "PATH" (
	set OLDPATH=%%k
  )
)
echo 古いパス   %OLDPATH%
echo 新しいパス hoge;%OLDPATH%

echo reg add HKEY_CURRENT_USER\Environment /v PATH /d hoge;%OLDPATH%

 

参考URL

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/391cmdreg/cmdreg.html
 

[カテゴリ: OS > Windows > コマンドプロンプト]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2006年08月23日 21時26分47秒