トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

ダイナミック転送の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://www.typemiss.net/blog/kounoike/20061019-100
http://blog.goo.ne.jp/lunatic-sol/e/7ec238390bf77761d6a1a968b5bd3a81
http://www.s.kyushu-u.ac.jp/~3HE11026G/manual/sshdwin.html
http://rcmdnk.github.io/blog/2014/09/04/computer-remote/

!!!ダイナミックフォワードを設定する
!!SSH でダイナミックフォワード
ssh でダイナミックポートフォワードをする場合、
 ssh -D ポート番号 sshサーバホスト名

!!PortForwarder でダイナミックフォワード
config.iniを編集します。
 DynamicForward localhost:1080 (1080の部分は空きポート番号を任意で指定)


!!PuTTy でダイナミックフォワード
PuTTy で行う場合には、以下の方法で設定することができます。

Puttyjp を使っているので日本語メニューで説明
 1. PuTTY Configuration 画面を開く
 2. 接続 > SSH > トンネル を展開
 3. 源ポートにフォワード元の LISTEN ポートを指定
 4. ダイナミックをチェック
 5. [追加] ボタンを押下

!!pfwd.exe でダイナミックフォワード
pfwd.iniを作成します。
pfwd_sample.iniの改行コードがLFなので、TeraPadなどのエディタを使用して改行コードの設定を維持したほうが無難です。

  [SSH]
  Host=ah.s.kyushu-u.ac.jp
  Port=22
  Compression=1
  ProtocolVersion=2
  User=ab12345
  
  ; パスワード
  ; ・省略時にはセッションに設定されているものが使われます
  ; ・ダイアログボックスから入力したい場合は空文字を指定します
  ; ・平文パスワードの先頭に"@"を付けると暗号化パスワードに変換されます
  Password=
  
  [FORWARD]
  01=D1080

{{category2 ネットワーク}}