トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

ディレクトリの容量を調べる


find を使う

http://sonic64.com/2004-05-26.html
duコマンドは、ファイルサイズではなくブロックサイズで表示するので
正確な数値が表示されない。

$ find ./ -type f -printf "%s\n" |awk '{ sum += $1; }; END { print sum }'

で正確なファイルサイズの合計が表示される

du を使う

du -s */
でカレントディレクトリ以下のディレクトリごとの使用量を見れる(はず)
最後の「/」が微妙。

 書式

du [オプション]... [FILE]...

 説明


引数で指定した各FILEのディスク使用量を表示する。引数がディレクトリの時は再帰的に表示する。

-a, --all

   ディレクトリだけでなく全てのファイルについてディスク使用量を表示する。 

--block-size=SIZE

   SIZEバイトのブロック単位を使う。 

-b, --bytes

   バイト単位で表示する。 

-c, --total

   総計を表示する。 

-D, --dereference-args

   引数で指定したシンボリックリンクをたどる。 (訳注: 他のシンボリックリンクには影響しない。このオプ ションは、大抵シンボリックリンクになっている /usr/tmp のようなディレクトリのディスク使用量を調べるのに便利である。) 

-h, --human-readable

   人が読み易い形式(e.g., 1K 234M 2G)で表示する。 

-H, --si

   同上。但し、1024倍単位ではなく1000倍単位を用いる。 (訳注: siとは国際単位系のこと。) 

-k, --kilobytes

   --block-size=1024と同様。 

-l, --count-links

   ハードリンクの場合は何回となくディスク使用量を集計する。 

-L, --dereference

   全てのシンボリックリンクをたどる。 

-m, --megabytes

   --block-size=1048576と同様。 

-S, --separate-dirs

   個々のディレクトリの使用量を、そのサブディレクトリの使用量を含めずに表示する。 

-s, --summarize

   引数で指定したものの総計のみ表示する。 

-x, --one-file-system

   異なるファイルシステムのディレクトリは除外する。 

-X FILE, --exclude-from=FILE

   指定したFILEファイル中のパターンに一致するファイルは除外する。 

--exclude=PAT

   指定したPATパターンに一致するファイルは除外する。 

--max-depth=N

   コマンドライン引数より最大 N 個下の階層までのディレクトリを (--all の指定があればファイルも)集計する。 --max-depth=0 なら、--summarize と同等となる。 

--help

   使用方法を表示して正常終了する。 

--version

   バージョン情報を出力して正常終了する。 


http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_fileutils/man1/du.1.html?

[カテゴリ: OS > Linux]


  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2013年06月15日 22時09分52秒