トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

デスクトップのゴミ箱を非表示にする

窓の手を使った方が楽。
手動でやるなら以下の通り。

最初に管理者権限のあるユーザーでログオンし、スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選び、「regedit」と入力して「OK」ボタンをクリックする。レジストリエディタが起動したら、次のようにキーをたどる。

 HKEY_CURRENT_USER→Software→Microsoft
 →Windows→CurrentVersion→Policies

 「Policies」を右クリックして「新規」−「キー」を選び「NonEnum」というキーを作成する。「NonEnum」を右クリックして「新規」−「DWORD値」を選び、次のようなDWORD値を作る(両側の括弧を忘れずに入力すること)。

 {645FF040-5081-101B-9F08-00AA002F954E}

 このエントリー名は間違えやすいので、作成する前に、今ご覧になっている画面上で上の文字列をドラッグして範囲選択し、それを右クリックして「コピー」を選ぶ。そうすると、この文字列がクリップボードに転送される。そして、DWORD値の名前を入力する部分を右クリックして「貼り付け」を選べばよい。

 次に「{645FF040-5081-101B-9F08-00AA002F954E}」をダブルクリックして、「キーの値」に半角で「1」と入力し、「OK」ボタンをクリックする。デスクトップを右クリックして「最新の情報に更新」を選ぶと、デスクトップ上の「ごみ箱」が消えているはずだ。元に戻すには、「NonEnum」というキーを削除するか、「{645FF040-5081-101B-9F08-00AA002F954E}」というDWORD値の値を「0」にすればよい。

[カテゴリ: OS > Windows]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2009年10月26日 18時48分49秒