トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

バックアップコマンドの比較

http://q.hatena.ne.jp/1252426314
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/root05/root05c.html

tar:特徴:柔軟性が高い

メリット:

・unix系や、windowsでも扱える
・ファイル単位の、バックアップ・リストアが可能
  →データが壊れても、部分的に復旧できる見込みがある
・増分バックアップ可能
・テープへバックアップ可能

デメリット:

・速度はあまり速くない
・i-nodeを見るアプリケーションでは、矛盾が生じ、復旧データを認識できない

dump:特徴:差分バックアップが可能

メリット:

・ext2,3との親和性が高く、ファイルシステムのバックアップという点で最適(というより忠実
・差分バックアップ可能
・テープバックアップ可能

デメリット:

・使用できるファイルシステムは、ext2,3のみ
・ファイルシステムの不整合が苦手(sinngleユーザモードでないと安定しない
・i-nodeを基準としたバックアップの為、移植性が低い
・フルバックアップデータが失われるとすべて失われる
・速度はあまり速くない
・バックアップデータの取り扱いが複雑になりがち、しっかりとした管理が必要

dd:特徴:イメージバックアップ

メリット:

・バックアップが比較的高速
・mbrのバックアップが可能
・バックアップ以外にも様々な応用が可能(データフォーマット、ダミーデータ作成など
・イメージデータが作成可能(isoなど

デメリット:

・ハードディスクが対象の場合、オンラインバックアップが不可能
・差分・増分バックアップが不可能

[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2011年07月22日 21時45分22秒