トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

バックアップコマンドの比較の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://x68000.q-e-d.net/~68user/unix/pickup?rsync
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0804/25/news034.html
http://q.hatena.ne.jp/1252426314
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/root05/root05c.html

tar を使う方法とかあるけど、rsync もなかなか良い。
!tar:特徴:柔軟性が高い
メリット:
 ・unix系や、windowsでも扱える
 ・ファイル単位の、バックアップ・リストアが可能
   →データが壊れても、部分的に復旧できる見込みがある
 ・増分バックアップ可能
 ・テープへバックアップ可能
デメリット:
 ・速度はあまり速くない
 ・i-nodeを見るアプリケーションでは、矛盾が生じ、復旧データを認識できない

オプションの -a はアーカイブモードで -rlptgoD と同じである。各オプションの意味は以下のとおり。
 ディレクトリを再帰的にコピーする (-r)
 シンボリックリンクを、そのままシンボリックリンクとしてコピーする (-l)
 パーミッションをそのままコピーする (-p)
 タイムスタンプをそのままコピーする (-t)
 グループをそのままコピーする (-g)
 ファイルオーナー (所有者) をそのままコピーする (-o)
 デバイスファイルやを特殊ファイルを、そのままコピーする (-D) 
!dump:特徴:差分バックアップが可能
メリット:
 ・ext2,3との親和性が高く、ファイルシステムのバックアップという点で最適(というより忠実
 ・差分バックアップ可能
 ・テープバックアップ可能
デメリット:
 ・使用できるファイルシステムは、ext2,3のみ
 ・ファイルシステムの不整合が苦手(sinngleユーザモードでないと安定しない
 ・i-nodeを基準としたバックアップの為、移植性が低い
 ・フルバックアップデータが失われるとすべて失われる
 ・速度はあまり速くない
 ・バックアップデータの取り扱いが複雑になりがち、しっかりとした管理が必要

 rsync -av /foo/from_dir /bar/to_dir
sshサーバに転送するには
 rsync -av -e ssh user@example.com:from_dir/ /foo/to_dir/ 
!dd:特徴:イメージバックアップ
メリット:
 ・バックアップが比較的高速
 ・mbrのバックアップが可能
 ・バックアップ以外にも様々な応用が可能(データフォーマット、ダミーデータ作成など
 ・イメージデータが作成可能(isoなど
デメリット:
 ・ハードディスクが対象の場合、オンラインバックアップが不可能
 ・差分・増分バックアップが不可能

!差分バックアップ
差分バックアップするには --link-dest オプションを使う
 rsync -av --delete --link-dest=../dir1_bak0 ~/dir1/ ~/dir1_bak1
--link-destで指定するディレクトリは、コピー先ディレクトリからの相対パスで指定することっ!

--link-destは、このオプションで指定したディレクトリ以下とコピー元を比較し、ファイルの所有者、タイムスタンプ、パーミッションなどすべてが一致するファイルであれば、指定されたディレクトリ内のファイルのハードリンクを作成します(ファイルが一致しない場合は、ハードリンクではなくコピーが行われます)
 ls -li
でハードリンクになっていることが確認できる。
{{category2 OS,Linux}}