トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

ブートの仕組みの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080929/315572/

http://nobumasa-web.hp.infoseek.co.jp/boot/boot.html
http://homepage2.nifty.com/winfaq/howtoboot.html
http://www14.plala.or.jp/campus-note/vine_linux/install/boot_sequence.html


HDD からオペレーティングシステムを起動する場合、次のようなステップが実行されています。

   1. POST (Power-on Self Test) が実行されます。
   2. BIOS がブートデバイスを検索します。
   3. 最初のブートデバイスの MBR をメモリー上にロードし、制御を渡します。
      (ブートデバイスがフロッピーディスクの場合はブートセクターに制御を渡します。)
   4. MBR のブートストラップコードは、パーティションテーブルを検索し、ブート識別子がアクティブ (0x80) なパーティションのブートセクターをメモリー上にロードして制御を渡します。
   5. ブートセクターに記録されたプログラムは、OS ローダーをメモリー上にロードし、制御を渡します。
      (DOS/Windows の場合は IO.SYS が、Windows NT/2000 の場合は NTLDR がロードされます。)
   6. OS の起動が開始されます。 

単純化すると以下のようになります。

    * BIOS -> MBR -> ブートセクター -> IO.SYS または NTLDR 

{{category Windows}}
{{category Linux}}
{{category2 OS,Windows}}
{{category2 OS,Linux}}