トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

ユーザ毎のWindowsのキーボードのキーの入れ替えの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
大容量のHDDを認識してくれない場合
http://blog.livedoor.jp/k_urushima/archives/1098321.html

!方法1:チップセット関係のツール、ドライバをインストールする
例えば、インテル製のチップセットの場合は
*Intel(R) アプリケーション・アクセラレータ
*Intel(R) Matrix Storage Manager
などをインストールする。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout
ならばユーザ全員に対してですが、
    HKEY_CURRENT_USER\Keyboard Layout
ならば現ユーザに対してのみ設定されます。

!方法2:チップセット関係のツール、ドライバがない場合
レジストリを編集し、大容量のHDDを認識させる。
Windows2000ならService Pack3、WindowsXPでもService Pack1が必要。

 1.「HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Atapi\Parameters\」を開く
 2.「新規」−「DWORD値」を選び、「新しい値#1」に「EnableBigLba」を追加
 3.EnableBigLbaキーをダブルクリックして、「値のデータ」に「1」と入力し、再起動する

ブログで紹介されているのは、CapsLockとCtrlの入れ替えのみなので、KeySwapを使ってEscと全角半角を入れ替えるScancode Mapの値を調べてHKEY_CURRENT_USERで設定してやれば、無事目的のことはできました。前述の二組のキー入れ替えのためのカレントユーザ向けレジストリ設定は以下のようになります。
    Windows Registry Editor Version 5.00
    [HKEY_CURRENT_USER\Keyboard Layout]
    "Scancode Map"=hex:00,00,00,00,00,00,00,00,05,00,00,00,3a,00,1d,00,1d,00,3a,00,\
    29,00,01,00,01,00,29,00,00,00,00,00
{{category2 OS,Windows}}