トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

ログオン時「セキュリティポリシーを適用しています」で時間がかかる

Windows 2000 ログオン時に「セキュリティポリシーを適用しています」で長い時間がかかる場合があります。
これはログオン時にポリシーの適用を行っているためですが、グループポリシーが頻繁に変更されるような環境でなければ、次の設定を行ってコンピュータの起動やログオンと、ポリシーの適用を同期させないことで、起動時間を短縮できます。

1. [スタート]−[ファイル名を指定して実行] から regedit を起動します。
2. HKEY_LOCAL_MACHINE \SOFTWARE \Microsoft \Windows \CurrentVersion \Policies \System を開きます。
3. [編集]−[新規]−[DWORD 値] で SynchronousMachineGroupPolicy を作成し、値のデータに 0 を設定します。
4. [編集]−[新規]−[DWORD 値] で SynchronousUserGroupPolicy を作成し、値のデータに 0 を設定します。
5. Windows を再起動します。


なお、Windows XP は標準で「コンピュータの起動およびログオンで常にネットワークを待つ」ポリシーが構成されていないため、ネットワークの確立とポリシーの適用を待たずにログオン処理が完了します。このため上記の設定を行う必要はありません。
(上のレジストリ項目自体の意味がありません。)


参考
http://homepage2.nifty.com/winfaq/c/ntperf.html#1171


[カテゴリ: OS > Windows]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2006年10月24日 23時14分29秒