トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

仮想ブリッジ virbr0 の無効化と有効化

概要

CentOS7をインストールすると、仮想化の機能をインストールしなくても
「virbr0」という仮想ブリッジが作成されることがある。
必要が無い場合は無効化する。

参考
http://www.orangetakam.com/blog/archives/1034

準備

virtshコマンドが必要。libvirt-clientに含まれている。
ない場合はインストールする。

yum install libvirt-client.x86_64 86

無効化

# brctl show <- ブリッジ設定の確認
bridge name	bridge id		STP enabled	interfaces
virbr0		8000.525400de6949	yes		virbr0-nic

# virsh net-destroy default  <- 仮想ブリッジの停止
Network default destroyed

# brctl show  <- ブリッジ設定の確認
bridge name     bridge id               STP enabled     interfaces

# virsh net-list --all  <- 仮想ブリッジの自動起動設定状態を確認
 Name                 State      Autostart     Persistent
----------------------------------------------------------
default              inactive   yes           yes

# virsh net-autostart default --disable  <- 仮想ブリッジの自動起動抑止
Network default unmarked as autostarted

# virsh net-list --all 
Name                 State      Autostart     Persistent

有効化

# brctl show 
bridge name	bridge id		STP enabled	interfaces

# virsh net-start default
Network default started

# brctl show
bridge name	bridge id		STP enabled	interfaces
virbr0		8000.525400de6949	yes		virbr0-nic

# virsh net-list --all
Name                 State      Autostart     Persistent
----------------------------------------------------------
default              inactive   no            yes

# virsh net-autostart default
Network default marked as autostarted

# virsh net-list --all <LF>
Name                 State      Autostart     Persistent
----------------------------------------------------------
default              inactive   yes           yes


[カテゴリ: OS > Linux]
[カテゴリ: ネットワーク]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2019年03月05日 21時56分35秒