トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

各データベースについて

インスタンス
OSからみて、サービスやプロセス等で分けられる単位
データベース
インスタンス内での管理単位(オブジェクトなどを格納する)
スキーマ
データベース内での名前空間

Oracle

http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle10g/102/doc_cd/server.102/B19215-02/startup.htm

  • OS内に複数インスタンス
  • インスタンス≒データベース
  • 各インスタンスに複数スキーマ(ユーザ)

を持っている。

Oracle
  |
  ├インスタンス(≒データベース)
  |    |
  |    ├スキーマ(=ユーザ)
  |    |  ├オブジェクト
  |    |  ├オブジェクト
  |    |
  |    ├スキーマ(=ユーザ)
  |    |  ├オブジェクト
  |    |  ├オブジェクト
  |    |
  ├インスタンス(≒データベース)
       |
      (省略)


  Oracleインスタンスの概要

稼働中のすべてのOracleデータベースは、Oracleインスタンスに対応付けられます。データベース・サーバー上で(コンピュータの種類に関係なく)データベースを起動すると、Oracleによってシステム・グローバル領域(SGA)と呼ばれるメモリー領域が割り当てられ、1つ以上のOracleプロセスが開始されます。このSGAとOracleプロセスを組み合せて、Oracleインスタンスと呼びます。
oracle - インスタンス-データベース - スキーマ=ユーザ - 各オブジェクト

 共有サーバ接続と専用サーバ接続

http://jibun.atmarkit.co.jp/lskill01/rensai/sdba16/sdba01.html

専用サーバ接続
専用サーバ接続では、ユーザープロセスとサーバプロセスが1対1で対応付けられます。そのため、セッションに関する情報やカーソル情報、作業領域などを含むUGA(User Global Area)は、サーバプロセスが持つPGA(Program Global Area)に格納されます。セッションごとにサーバプロセスが必要となるため、多くのセッションが確立される環境では、サーバ側に多くのCPUとメモリリソースが必要となります。

共有サーバ接続
共有サーバ接続では、サーバプロセスは複数のユーザープロセスからのSQL処理要求を受け止めることが可能です。共有サーバ構成では、最低1つのディスパッチャプロセスが起動し、ユーザープロセスとの接続を確立します。セッションが切断されるまでは同一のディスパッチャが使用され、ディスパッチャからサーバプロセスにSQL処理が渡されます。多くのセッションが確立されていても、SQL処理が少ない環境では少ないサーバプロセスで済むため、サーバ側で使用するCPUとメモリリソースが減少します。


PostgreSQL

http://www.postgresql.jp/document/pg632doc/postgres/book01.htm
公式には、インスタンスは1つ。
ただ、複数のインスタンス(プロセスというかサービス)を起動することができる。
http://d.hatena.ne.jp/aaabbb_200904/20090713/1247505917

  • OS内に1つのインスタンス
  • インスタンス内に複数のデータベース
  • 各データベースに複数のスキーマ
  • これらの概念とは別にユーザ

を持っている。

PostgreSQL
  |
  ├インスタンス
  |    |
  |    ├データベース
  |    |   |
  |    |   ├スキーマ
  |    |   |  ├オブジェクト
  |    |   |  ├オブジェクト
  |    |   ├スキーマ
  |    |   |  ├オブジェクト
  |    |   |  ├オブジェクト
  |    |
  |    ├データベース
  |        |
  |        ├スキーマ
  |        |  ├オブジェクト
  |        |  ├オブジェクト
  |        |
  |        ├スキーマ
  |        |  ├オブジェクト
  |        |  ├オブジェクト
  |     
  ├インスタンス
       |
      (省略)



[カテゴリ: データベース]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2012年12月04日 22時12分04秒