トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

資産管理ツールGLPIを使うの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!はじめに
フランス製のOSSの資産管理ツールとしてGLPIがある。
かなり細かい入力ができるが、使い方が難しいかも。
慣れればとても便利だと思う。

!!!インストール
設定は簡単。

!!準備
http://extstrg.asabiya.net/pukiwiki/index.php?GLPI%A5%A4%A5%F3%A5%B9%A5%C8%A1%BC%A5%EB%BC%EA%BD%E7
http://intracker.ldblog.jp/archives/19931340.html

!DBの準備
MySQLをインストール
 yum install mysql-server

GLPI用ユーザの作成
 mysql -u root -p
 create database glpi;
  GRANT ALL PRIVILEGES ON glpi.* TO glpi@localhost  IDENTIFIED BY 'glpi';

!!本体インストール
http://www.glpi-project.org/spip.php?lang=en
からダウンロードして、PHPが使える場所に設置する。
状況に応じてパーミッション変更する
 chown -R apache.apache glpi
とか。

設置したURLにアクセスすると初期設定画面が出るので、適当に設定する。

!!プラグイン
!Cartographie
資産を図にするプラグイン。
資産の配置などをマップにしたりするのに便利。

+プラグインをインストールする
++ダウンロードして、pluginsディレクトリに解凍する({{ref  glpi-positions-4.0.0.tar.gz}})
++プラグインを有効にする
+++セットアップメニューのプラグインメニューを選択
+++対象のプラグインの「インストール」を選択
+++対象のプラグインの「有効」を選択
+各フロア(階)のマップを登録
++セットアップメニューのドロップダウンを選択
++場所(ロケーション)を選択
++追加、または変更でドキュメントタブでドキュメント(マップ画像)を追加する
+マップに表示する情報の設定
++プラグインのCatographyを選択
++設定(スパナ)のアイコンを選択
++Configuring the display materials を選択
++この画面で表示の情報を編集したい資産(コンピュータとかデバイスとか)の表示する情報を編集できる
+マップに表示するアイコンの設定
++プラグインのCatographyを選択
++設定(スパナ)のアイコンを選択
++Association : picture / types of equipmentを選択
++アイコンをアップロードする
++アイコンを設定したい資産を選んでからアイコンを選択する
++※各資産のタイプ毎にアイコンを設定するため、資産登録時にタイプを登録しないとうまくいかないので注意!
+マップ編集
++プラグインのCatographyを選択
++Map view(目のアイコン)を選択してマップを編集するフロアを選ぶ

!Network Architecture
ネットワークの接続を図にするプラグイン。

+プラグインをインストールする
++ダウンロードして、pluginsディレクトリに解凍する({{ref archires-2.1.0.tar.gz}})
++プラグインを有効にする
+graphvizのインストール
++yum install graphviz graphviz-graphs
++yum install graphviz-php
+アイコンの準備
++plugins/archires/pics にアイコンファイル{{ref  pack.mg_dvl.zip}}を置く
+表示するアイコンを設定
++プラグインのNetwork Architecturesを選択
++設定(スパナ)のアイコンを選択
++アイコンを設定したい資産を選んでからアイコンを選択する
++※各資産のタイプ毎にアイコンを設定するため、資産登録時にタイプを登録しないとうまくいかないので注意!
+Viewsを設定、追加する(必要に応じて)
+Network Architecture - Location
++場所ごとに表示する場合、これで何を表示するか選択
Network Architecture - Network equipment
++ネットワークごとに表示する場合、これで何を表示するか選択

!!!使い方
!!資産登録

!!
適当に使いながらなれる。
各資源のタイプは、プラグイン等でも利用されるため登録しておいたほうが無難。


{{category2 ツール,システム}}