トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

車やバイクの電源についての変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
50cm x 50cm で何とかなる。
次回は60cm x 60cm を買ってみてもいいかも。
http://qnjtn.blog24.fc2.com/blog-entry-103.html

!!!マイナスアースについて
日本の車やバイクは、マイナスアース(バッテリーのマイナスと車体が接続)になっている。
これにより、
*バッテリーのマイナスに接続する
*ボディの金属部に接続する
は同値。

注意すべきは、ボディの何処かとバッテリーのプラスが金属製の工具等でショートされると大変危険。
何か作業するときは、ボディアースを抜いたほうが無難。

!!!バッテリーから電源を取る方法
!.丱奪謄蝓爾ら直接とる(バッ直)
これはバッテリーの+と-につなげるだけでいいのでもっとも簡単なんですが、常時通電することになるため(電子機器を接続していなくても少しずつ電気が流れていく)、バッテリー上がりが懸念されます。

!▲好ぅ奪舛魏陲靴謄丱奪謄蝓爾ら電源をとる
簡単に言ってしまえばバっ直にスイッチををつけてしまうというもの。スイッチオフにすれば通電をカットできるわけです。ただしスイッチは手動なので切り忘れに注意。

!リレースイッチを介してバッテリーから電源をとる
基本的には△汎韻犬任垢、リレースイッチをバッテリーの他にテールランプなどのバイクのキーをONにしたときに通電する配線(ACC電源)にもつなげる必要があるので一手間増えます。かわりにスイッチのON/OFFがメインキーのON/OFFに連動するようになります。これならスイッチの切り忘れでバッテリーが上がる心配もなくなります。

!ぅ曄璽鵑筌董璽襯薀鵐廚覆匹ACC配線につないで電源をとる
これはキーONで通電する配線に割り込んで電気をもらう方法です。ヘッドライトとかもそうですね。ただしこの方法では大きい電力は取れないです。例えばホーンの配線から大きな電力をもらってしまうとホーンがならなくなってしまったりするわけです。

!ゥ劵紂璽催展擦鮖箸辰謄曄璽鵑筌董璽襯薀鵐廚覆匹ACC電源から電源をとる
い隼たような方法で、配線に直接割り込ませるのではなく、ヒューズボックスにあるミニ平型端子のヒューズを、電源ヒューズという配線がついているヒューズに交換し、ここから電源をとる方法です。い汎韻犬電力をもらった電装系には負担がかかってしまいますが、元々の配線を傷つけなくて済むという利点があります。


{{category2 個人的なこと}}