トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

制約の追加テーブルをtruncateする

http://it-memo.info/?p=1601
制約が付いているテーブルをtruncateしようとすると

ORA-02266

が発生することがある。
この場合は制約を一時的に無効にしてから、truncateして制約を有効にする。

制約をさがす

SELECT
 constraint_name,
 table_name,
 status
FROM
 user_constraints
WHERE
 r_constraint_name IN
   (
   SELECT
    constraint_name
   FROM
    user_constraints
   WHERE
    table_name = 'テーブル名'
);

制約を無効にする

ALTER TABLE テーブル名 DISABLE CONSTRAINTS 制約名;

truncate

 TRUNCATE TABLE テーブル

制約を有効にする

ALTER TABLE テーブル名 ENABLE CONSTRAINTS 制約名;

[カテゴリ: データベース > Oracle]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2016年07月18日 21時47分36秒