トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

制約の追加テーブルをtruncateするの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!表領域のサイズを変更する
 alter database datafile '/data/hoge02.dbf' resize 500M;
http://it-memo.info/?p=1601
制約が付いているテーブルをtruncateしようとすると
 ORA-02266
が発生することがある。
この場合は制約を一時的に無効にしてから、truncateして制約を有効にする。

!!!表領域の自動拡張を変更する
 ALTER DATABASE DATAFILE 'D:\ORADATA\ORA10G\USERS01.DBF' AUTOEXTEND ON MAXSIZE UNLIMITED;
!制約をさがす
 SELECT
  constraint_name,
  table_name,
  status
 FROM
  user_constraints
 WHERE
  r_constraint_name IN
    (
    SELECT
     constraint_name
    FROM
     user_constraints
    WHERE
     table_name = 'テーブル名'
 );

!!!データファイルを追加する
 ALTER TABLESPACE my_tablespace 
      ADD DATAFILE '/u01/oracle/oradata/orcl/users02.dbf'
      SIZE 10M;
!制約を無効にする
 ALTER TABLE テーブル名 DISABLE CONSTRAINTS 制約名;

!truncate
  TRUNCATE TABLE テーブル

!制約を有効にする
 ALTER TABLE テーブル名 ENABLE CONSTRAINTS 制約名;

{{category2 データベース,Oracle}}