トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

無線LAN GW-US54GXS をLinuxで使うの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://aburagirio.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/zd1211_4835.html
http://maglog.jp/yuduru/Article357259.html
http://lector-note.org/modules/smartsection/item.php?itemid=51
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/767ndiswrapper.html
http://utsurigi.net/2008/04/03/ml115-5/

!!!Linux用ドライバを使う
!!zd1211rw
!ダウンロード
http://zd1211.wiki.sourceforge.net/
から落とす

!インストール
 make
 make inistall

!firmware のインストール
http://zd1211.wiki.sourceforge.net/
からファームウェアをダウンロード。
 tar jxvf zd1211-firmware-1.4.tar.bz2
 cd zd1211-firmware
 cp * /lib/firmware/zd1211/.

!設定ファイル作成
 iwconfig
でインターフェイスが追加されていたら
 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ethx
を作成し、
 TYPE=Wireless
にする。そのほかの設定は自分で記述するか
 system-config-network
を利用する。


!!Vendor ドライバを使う
!ダウンロード
http://zd1211.wiki.sourceforge.net/VendorDriver
からダウンロード

!インストール
 make

※ファームウェアは不要

!設定ファイル作成
 iwconfig
でインターフェイスが追加されていたら
 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ethx
を作成し、
 TYPE=Wireless
にする。そのほかの設定は自分で記述するか
 system-config-network
を利用する。

!注意
iwconfig wlan0 mode Ad-Hocとしないと、channelやmode Master、rateが効かないので要注意。

!起動シェル
こんなシェルを作って起動させるといいかも。
 #初期化
 ifconfig eth3 down
 ifconfig eth3 up
 
 #一度アドホックに変更
 iwconfig eth3 mode Ad-Hoc
 
 #マスターに変更
 iwconfig eth3 mode Master
 iwconfig eth3 essid "Wireless"
 #共有キーが使えなかったのでオープンに変更
 iwconfig eth3 key open s:12345
 
 #チャンネルとレートの設定(モード変更後に有効らしい)
 iwconfig eth3 channel 11
 #iwconfig eth3 channel 8
 iwconfig eth3 rate 54M

!!!Windows用ドライバを使う
ndiswrapper を使ってWindows用のドライバを使う。
!ndiswrapper のインストール
 yum install ndiswrapper

!Windows用のドライバをダウンロードしてきて、ndiswrapper でインストール
 /usr/sbin/ndiswrapper -i ZD1211BU.INF
 /usr/sbin/ndiswrapper -m

!確認
 ndiswrapper -l
 zd1211bu : driver installed
        device (2019:5303) present (alternate driver: zd1211b)

!仕上げ
 ndiswrapper -m
 modprobe ndiswrapper

!設定ファイル作成
 iwconfig
でインターフェイスが追加されていたら
 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ethx
を作成し、
 TYPE=Wireless
にする。そのほかの設定は自分で記述するか
 system-config-network
を利用する。

!!!その他
!困ったときは
 dmesg
でカーネルログを確認する。

!場合によっては、不要なモジュールを切り離しておく
 modprobe -r zd1211rw
 modprobe -r zd1211b

!読み込ませたくないモジュールを呼んでしまう場合は
 /etc/modprobe.d/blacklist
に読ませたくないモジュールを登録


{{category2 Linux}}
{{category2 OS,Linux}}