トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

AS400 でトランザクションを使うの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!トランザクションを使う
http://hrm.fixa.jp/as400/AS4001/jrnl.htm

!!手順
!ジャーナル・レシーバの作成
 CRTJRNRCV JRNRCV(ALIB/FJRNRCV) THRESHOLD(5000) 

!ジャーナル作成
 CRTJRN JRN(ALIB/FJRN) JRNRCV(ALIB/FJRNRCV) MNGRCV(*SYSTEM) DLTRCV(*YES)

*レシーバーの管理(MNGRCV)
***SYSTEM:上記レシーバーサイズに達すれば自動で切り離し新たに作成します。
***USER:手動で切り離し新たに作成します。

*レシーバーの削除(DLTRCV)
** *YESとすれば切り離したジャーナルレシーバーを自動で削除します。           

!!!ジャーナル・レシーバの一覧
!物理ファイルに対して行う場合のジャーナル開始、終了処理
*開始
 STRJRNPF FILE(ALIB/FILEA ALIB/FILEB) JRN(ALIB/FJRN)
プログラムを動かす前には必ず、これが必要です。

*終了
 ENDJRNPF   FILE(ALIB/FILEA ALIB/FILEB) 

!論理ファイルに対して行う場合のジャーナル開始、終了処理
*開始
 FILE(ALIB/FILEAL1 ALIB/FILEAL2) JRN(ALIB/FJRNL1)
プログラムを動かす前には必ず、これが必要です。
*終了
 ENDJRNAP   FILE(ALIB/FILEAL1 ALIB/FILEAL2) 

!コミットメント制御
RPGやCLでトランザクションを利用する場合は、コミットメント制御を開始する必要がある
*コミットメント制御開始 
 STRCMTCTL 

*コミットメント制御終了
 ENDCMTCTL 

!!その他の操作
!ジャーナル・レシーバの一覧
 WRKOBJ OBJ(*ALL/*ALL) OBJTYPE(*JRNRCV)
でジャーナルレシーバの一覧が表示される

{{category2 プログラミング言語,Java}}
!ジャーナル削除
 DLTJRN JRN(ALIB/FJRN)

!ジャーナルが起動済か確認
物理ファイルの情報を表示してジャーナル処理中やジャーナル名を確認する


{{category2 OS,AS400}}