トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Amazon Workspacesの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!Amazon Linux
!!設定
ウインドウマネージャはMATE。
パッケージマージャはyumで、fedoraやCentOSのリポジトリが使える。

!mozc
https://github.com/albuild/mozc
{{ref albuild-mozc-0.2.0-1.amzn2.x86_64.rpm}}
 yum install albuild-mozc-0.2.0-1.amzn2.x86_64.rpm

!epel-release
 sudo yum install -y https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm

!ファイルマネージャ(caja)のコンテキストメニューにターミナル起動を追加
 yum install caja-open-terminal

!bash-completion
 yum install bash-completion

!docker
 yum install docker

[[Docker]]参照
dockerのdnsはホストOSの /etc/resolv.conf と同じになるみたい。
amazon workspaces の場合、dockerからホストOSが参照しているDNSへの通信が許可されていないっぽい。
なので、dockerから参照するDNSを変更する。
 vim /etc/sysconfig/docker
 OPTIONS=" .... 略 --dns 8.8.8.8"

 systemctl start docker
 systemctl enable docker

{{category2 仮想化}}