トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

CentOSでnginxを使うの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!公式
http://nginx.org/en/linux_packages.html

!!インストール
/etc/yum.repo.d/nginx.conf
 [nginx]
 name=nginx repo
 baseurl=http://nginx.org/packages/centos/7/$basearch/
 gpgcheck=0
 enabled=1

 yum install nginx

!!設定
 /etc/nginx/conf.d/
に設定を書く。
!userdir的な設定
  # for UserDir
  server {
    listen 82;
    location ~ ^/~(.+?)(/.*)?$ {
      alias /home/$1/public_html$2;
      index  index.html index.htm;
      autoindex on;
    }
    location ~ \.php$ {
      root           html;
      fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
      fastcgi_index  index.php;
      fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME  /scripts$fastcgi_script_name;
      include        fastcgi_params;
    }
  }


!ディレクトリの判定順位
https://server-setting.info/centos/nginx-location-check.html#location_2
  location  /sample/ {
    # /sample/ で始まる全てのURIに一致します。
    # しかし、以降の正規表現や文字列が長いものが優先的に処理されます。
    [ configuration A ] 
  }
  location ~ ^/sample/ {
    # /sample/ で始まる全てのURIに一致します。
    # しかし、以降の ^~ が優先的に処理されます。
    [ configuration B ] 
  }
  location ^~ /sample/ {
    # /sample/ で始まる全てのURIに一致します。
    # これは、もしURIがこの条件に一致したら、以降いかなるチェックも(正規表現であっても)
    # チェックされないことを意味します。
    [ configuration C ] 
  }
!!nginxのリクエスト処理順
https://tengine.taobao.org/nginx_docs/ja/docs/http/request_processing.html
 server { 
  .....
 }
を処理する場合、ヘッダ情報からどのserverに処理を振り分けるか判断する。
例えば、ポート番号とかサーバ名とか。
どれにもマッチしない場合はデフォルトサーバに振り分けられる。

{{category2 OS,Linux}}