トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

CentOS7でキーボードレイアウトを変更する

localectlによる変更

CentOS7のレスキューモードでキーボードレイアウトを選ぶことができなくなった。

http://www.itsprite.com/centos-7-rhel-7-how-to-change-the-system-keyboard-layout/
http://tegetegekibaru.blogspot.jp/2014/10/centos7-keymap.html
http://qiita.com/sue71/items/64c513ae181e9f7aa8f4

設定されているキーボードの確認

# localectl status
  System Locale: LANG=en_US.UTF-8
      VC Keymap: us
     X11 Layout: us

選択可能なキーマップの確認

# localectl list-keymaps
ANSI-dvorak
amiga-de
amiga-us
applkey
....

キーマップのセット

# localectl set-keymap jp106

確認

# localectl status
  System Locale: LANG=en_US.utf8
      VC Keymap: jp106
     X11 Layout: jp
      X11 Model: jp106
    X11 Options: terminate:ctrl_alt_bksp

ファイルを直接編集してレイアウトを変更する

各設定はそれぞれ以下の設定ファイルになっているので、手で編集してもOK。編集後はOS再起動が必要。

VC
Keymap: /etc/vconsole.conf
X11関連
/etc/X11/xorg.conf.d/00-keyboard.conf


[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2015年02月03日 22時09分11秒