トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

DHCPサーバーの設定

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/539usedhcpd.html

 DHCPサーバを立てる

インストール

インストールされていない場合は

# yum install dhcp

設定

/etc/dhcpd.conf

# dhcpd.conf
#
# Configuration file for ISC dhcpd
#

# DNSサフィックス
#option domain-name "ash.jp";

default-lease-time 600;
max-lease-time 7200;
ddns-update-style interim;

subnet 192.168.0.0 netmask 255.255.255.0 {
  range 192.168.0.2 192.168.0.5;
 # option domain-name-servers 211.129.14.138,211.129.12.47;
 option domain-name-servers 192.168.0.1;
 # option broadcast-address 10.0.1.255;
  option routers 192.168.0.1;
}


dhcpd.leasesの作成
dhcpd.leasesというファイルが存在しない場合は、このファイルを作成する(Red Hat Linux、Turbolinux、Vine Linuxではいずれも作成されている)。内容は空でいい。このファイルには、リースされたIPアドレスの情報が保存される。Red Hat LinuxとVine Linuxの場合は/var/lib/dhcpディレクトリに、Turbolinuxの場合は/var/dhcpディレクトリに作成する。

# touch /var/lib/dhcpd/dhcpd.leases

 複数のネットワークカードがある場合(CentOS7)

systemdの環境で複数NICが存在する場合、DHCPを機能させるデバイスを指定できる。
systemdのserviceファイル内に記載されている実行コマンドに引数を与える。

cp /usr/lib/systemd/system/dhcpd.service /etc/systemd/system
vi /etc/systemd/system/dhcpd.service

ExecStart=/usr/sbin/dhcpd -f -cf /etc/dhcp/dhcpd.conf -user dhcpd -group dhcpd --no-pid


ExecStart=/usr/sbin/dhcpd -f -cf /etc/dhcp/dhcpd.conf -user dhcpd -group dhcpd --no-pid eth0
eth1

のように最後にデバイスを指定する。複数指定することもできる。書き換えたらサービスをリロードする。

systemctl --system daemon-reload
systemctl restart dhcpd.service

 複数のネットワークカードがある場合(CentOS5)

/etc/sysconfig/dhcpd に

DHCPDARGS=eth0 eth1

が LAN 側デバイスの場合

動作テスト

# dhcpd -f -d

で動作テスト。

複数のサブネットにIPを振る場合

◎複数サブネットの例
subnet 192.168.0.1 netmask 255.255.255.0{
省略
}
subnet 192.168.1.1 netmask 255.255.255.0{
省略
}
この場合は /etc/sysconfig/dhcpd に

DHCPDARGS=

で良い。

 IPを固定する

subnet 192.168.0.1 netmask 255.255.255.0{
省略
}
host client1{ hardware ethernet 00:22:19:ED:26:9C; fixed-address 192.168.12.50; }

のように host でMACアドレスとIPをマッピングする。


 指定したMACアドレスだけを許可する

http://www.unix-power.net/linux/dhcp.html

subnet 192.168.12.0 netmask 255.255.255.0 {
 省略
   # 登録したMACのみ払い出す
   deny unknown-clients;
}
# クライアントをMacアドレスで定義し、払い出すIPを決め打ちする
host client1{ hardware ethernet 00:22:19:ED:26:9C; fixed-address 192.168.12.50; }
host client2{ hardware ethernet 00:22:19:ED:26:9D;}

IPアドレスを指定しなくても良い場合は、fixed-address を省略してもよい。

 その他

ddns-update-style

ddns-update-style は次の値を取る

interim
dhcpd は DHCP 処理を行った際、DNS サーバーへゾーンデータ更新要求( A / TXT / PTR レコードの登録・削除)を送信する。ゾーンデータ更新を実施するには DNS サーバーの指定と DNS サーバー側の対応が必要である。 
none
ゾーンデータの更新を行わない。( DNS サーバーへ更新要求を送信しない)
ad-hoc
dhcpd の旧バージョンとの互換性が必要な場合に使用する。ad-hoc でも DNS の更新は実行されるが、互換性を必要としない場合は interim を使用する。


[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2017年12月27日 00時40分58秒