トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Debian 系で CG-WLUSB300GNM を使うの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://www.linuxcrew.de/blog/2010/10/11/rt2870-compile-error-under-kubuntu-maverick-10-10/?lang=en
http://kzen.my-sv.net/wiki/index.php?Linux%2FWLUSB300GNM
https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=10742
http://u220e.blog59.fc2.com/?m&no=1

!Ralink社からRT2870のドライバソースを持ってくる。
{{ref 2010_0709_RT2870_Linux_STA_v2.4.0.1.tar.bz2}}
 tar xvf 2010_0709_RT2870_Linux_STA_v2.4.0.1.tar.bz2

!パッチをあてる
{{ref rt2870sta_usb_kernel2635.patch}}
 patch -p0 -l < rt2870sta_usb_kernel2635.patch

!ソースを修正する
 HAS_WPA_SUPPLICANT=n
 HAS_NATIVE_WPA_SUPPLICANT_SUPPORT=n
の2つを
 HAS_WPA_SUPPLICANT=y
 HAS_NATIVE_WPA_SUPPLICANT_SUPPORT=y

 $ lsusb
 Bus 001 Device 005: ID 07aa:0042 Corega K.K.
この中で、"Corega K.K."というのがWLUSB300GNMなので、このID:07aa:0042をメモる。
$ vi ./common/rtusb_dev_id.c
 USB_DEVICE_ID rtusb_dev_id[] = {
 #ifdef RT2870
        {USB_DEVICE(0x07AA,0x0042)}, /* Corega K.K. */
          (以下略)
!コンパイルとインストール
 make
 make install

!モジュール読み込み
 modprobe rt2870sta

{{category2 OS,Linux}}