トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Excelファイルを世代バックアップする

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0712/11/news124.html
http://comfort.dog-s.jp/
http://comfort.dog-s.jp/

 Excelにはもともと、クラッシュしたデータを復旧するための自動保存機能が備わっている。Office 2003以前であれば「ツール」−「オプション」から自動保存機能を有効にしておくことで、万一Excelが強制終了するような事態に遭遇しても、ファイルを回復できるのだ。

 これはこれで便利な機能だが、基本的に1世代分のバックアップしか取れないため、1世代以上前に消した内容をもう1度確認したい、といった用途には対応できない。こうした場合に便利なのが、今回紹介する「SS自動保存」だ。

 Excelのアドインとして利用するこのSS自動保存は、指定した間隔で世代バックアップを自動的に行ってくれる。設定できる項目は、バックアップの間隔(1〜59分)、履歴数(最大で99個)、保存先フォルダ、の3種類だ。初期設定では、10分間隔で3世代までのExcelファイルをバックアップしてくれるようになっている。

[カテゴリ: ツール > オフィスツール]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2008年06月24日 23時36分42秒