トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

HSQLDBの使い方

http://hsqldb.org/
http://www50.tok2.com/home/oppama/hsqldb-start.html

HSQLDBは大きく4つのモードがある。

インメモリモード
メモリに書き込むだけなので,HSQLDBを終了するとデータは消えます.

スタンドアロンモード
サーバとクライアントが一体となって動作します. ファイルに書き込むため,HSQLDBを終了してもデータは消えません.SQLiteみたいな使い方

サーバモード
DBサーバとして起動するモード. ネットワーク経由でのアクセスができます.通常のDB

Webサーバモード
HSQLDBをWebサーバとして起動するモード. つまり,HTTP経由でデータベースサーバにアクセスすることができます.

ツール

 DatabaseManager

bin/runManager.bat


 java -cp ..\lib\hsqldb.jar org.hsqldb.util.DatabaseManager

で起動。

 sqltool

sqltool.rc を準備する

/org/hsqldb/sample/sqltool.rc

にサンプルがあるので参考にする。

urlid sadb
#url jdbc:hsqldb:file:C:/the/path/of/sadb
url jdbc:hsqldb:file:./sadb
username sa
password

urlid localhost-sa
url jdbc:hsqldb:hsql://localhost/
username sa
password

とか。 sadb はスタンドアローンに接続する場合の書き方。 localhost-sa はサーバーモードに接続する書き方。

起動

java -jar ../lib/sqltool.jar --rcfile sqltool.rc --urlid localhost-sa

インメモリモード

jdbc:hsqldb:mem:.

で接続。基本的にはユーザは

ユーザ名:sa
パスワード:なし

で接続

スタンドアロンモード

jdbc:hsqldb:file:/testdb 

で接続。基本的にはユーザは

ユーザ名:sa
パスワード:なし

で接続

サーバモード

 起動

bin/runserver.bat

または
 java -cp ..\lib\hsqldb.jar org.hsqldb.Server -database data
などで実行。

 接続

jdbc:hsqldb:hsql://localhost/

Webサーバモード

 起動

bin/runWebServer.bat

または
 java -classpath ..\lib\hsqldb.jar org.hsqldb.server.WebServer -database data
などで実行。

 接続

jdbc:hsqldb:http://localhost

とか。

データ型

Name Range Java Type
INTEGER | INT as Java type int | java.lang.Integer
DOUBLE [PRECISION] | FLOAT as Java type double | java.lang.Double
VARCHAR as Integer.MAXVALUE java.lang.String
VARCHAR_IGNORECASE as Integer.MAXVALUE java.lang.String
CHAR | CHARACTER as Integer.MAXVALUE java.lang.String
LONGVARCHAR as Integer.MAXVALUE java.lang.String
DATE as Java type java.sql.Date
TIME as Java type java.sql.Time
TIMESTAMP | DATETIME as Java type java.sql.Timestamp
DECIMAL No limit java.math.BigDecimal
NUMERIC No limit java.math.BigDecimal
BOOLEAN | BIT as Java type boolean | java.lang.Boolean
TINYINT as Java type byte | java.lang.Byte
SMALLINT as Java type short | java.lang.Short
BIGINT as Java type long | java.lang.Long
REAL as Java type double | java.lang.Double[2]
BINARY as Integer.MAXVALUE byte[]
VARBINARY as Integer.MAXVALUE byte[]
LONGVARBINARY as Integer.MAXVALUE byte[]
OTHER | OBJECT as Integer.MAXVALUE java.lang.Object
[カテゴリ: データベース > HSQLDB]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2014年05月23日 22時34分51秒