トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

KVM の仮想ディスクのオプション

http://tipspc.blogspot.jp/2012/03/kvm-5.html

個人的には、パフォーマンスオプションで
キャッシュモデル IOモード
writeback native
にするのが良いと思う。

標準オプション

 ターゲットデバイス

選択しているデバイス名が表示されます。

 ソースパス

仮称ディスクのパスが表示しされます。

 ストレージサイズ

仮想ディスクの論理サイズが表示されます。

 読み込み専用

仮想ディスクを読み込み専用に設定します。

 共有可能

通常、仮想ディスクは1台の仮想マシンからのみマウント出来るよう排他制御がかかります。クラスタシステムなどで複数の仮想マシンから同じ仮想ディスクへアクセスすることが必要な場合は、ここをチェックすることにより同時にアクセス出来るようになります。

詳細オプション

 ディスクパス

仮想ディスクを接続するパス規格を選択します。
選択可能なドライブ。

IDE
HDD, CDROM
SCSI
HDD, CDROM
USB
HDD
virtio
HDD(Guest OSで使用するためには、GuestOS側にvirtio用のドライバが必要です。)
floppy
フロッピー・ディスク

 シリアル番号

仮想ディスクに、シリアル番号を付加します。設定は任意です。

 シリアル番号

仮想ディスクに、シリアル番号を付加します。設定は任意です。

 Storage format

仮想ディスクのフォーマットを選択します。接続する仮想ディスクのフォーマットに合わせて選択してください。

raw
特定の形式フォーマットされていません。デフォルトで作成されるフォーマットです。
qcow2
QEMUのプロジェクトで開発している仮想ディスクフォーマット
vmdk
VMwareの仮想ディスクフォーマット

パフォーマンスオプション

 キャッシュモデル

default
サーバのデフォルトに設定します。
none
キャッシュを使いません。
writeback
読み込み、書き込みの双方でキャッシュを使用します。
writethrough
読み込みのみキャッシュを使用します。

 IOモード

default
サーバのデフォルトに設定します。
native
Linuxネイティブの非同期I/Oを使用します。
threads
POSIX pthreadによる非同期I/Oを使用します。


[カテゴリ: 仮想化]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2013年09月05日 23時04分43秒