トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Knoppixによるバックアップとリストアの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
Knoppix の partimage を利用するとLinuxもWindowsもCD起動で
ディスクのバックアップとリストアが行える。

!参照
http://u-mex.plala.jp/index2.php?LinuxTips
より
http://u-mex.plala.jp/index2.php?%A3%CF%A3%D3%A4%CE%A5%D0%A5%C3%A5%AF%A5%A2%A5%C3%A5%D7%A1%F5%A5%EA%A5%B9%A5%C8%A5%A2

参照ページをそのままPDFにしたもの
{{ref Backup_Restore_use_knoppix.pdf}}

!Knoppix の起動
コンソールのみ使用する場合
 knoppix lang=us 2

!パーティッション管理
fdisk でパーティッション管理
 fdisk /dev/hda
 ※NTFS : 7
 ※FAT32: c

!フォーマット
ext3
 mke2fs -j /dev/hda1
FAT32
 mkfs.vfat -F 32 /dev/hda1

!マウント
ntfsのドライブもマウント可能
 mount -t ntfs /dev/hda1 /mnt/hda1

!パーティッション アクティブ
OSを起動するパーティッションはアクティブにする必要がある
アクティブなパーティッションを確認する
 lilo -A /dev/hda

パーティッションをアクティブにする
 lilo -A /dev/hda 1

!QTParted
パーティッション管理などがよく分からないときは
 qtparted
を使用すると楽。 Xの起動してないと使えない

!MBR のバックアップとリストアについて
一応、MBRのバックアップは取った方が良い。
partimage の MBR復帰は失敗することがあるみたい。

バックアップ
 dd if=/dev/hda of=/mnt/back/mbr.img count=63 bs=512
リストア
 dd if=/mnt/back/mbr.img of=/dev/hda

!partimageのコマンドラインオプション
使い方:partimage [オプション]
 例:partimage -b -f0 restore /dev/hda1 /mnt/mydir/xpsp2_20040929.img.000
 例:partimage -z1 -o -d save /dev/hda12 /mnt/backup/redhat-6.2.partimage.gz
 例:partimage restore /dev/hda13 /mnt/backup/suse-6.4.partimg
 例:partimage restmbr /mnt/backup/debian-potato-2.2.partimg.bz2
 例:partimage restmbr /mnt/backup/debian-potato-2.2.partimg.bz2
 例:partimage -z1 -om save /dev/hda9 /mnt/backup/win95-osr2.partimg.gz
 例:partimage imginfo /mnt/backup/debian-potato-2.2.partimg.bz2
 例:partimage -a/dev/hda6#/mnt/partimg#vfat -V1440 save /dev/hda12 /mnt/partimg/redhat-

概要
-save :パーティションデータをイメージファイルに保存します。
-restore :イメージファイルからパーティションを復元する。
-restmbr :イメージファイルのMBRをハードディスクに復元します。
-imginfo :イメージファイルの情報を示す。
*:パーティションを保存したり/復元するために(例:/dev/hda1)
*:読まれたり/書かれるデータファイル。とても大きくできる。
復元するために、'stdin'値を持つ。 これはパイプを通してて供給されている。
イメージファイルのために許されている。

オプション
::-z, -圧縮(イメージファイルの圧縮レベル):
 -z0, -圧縮=0 圧縮されない :とても早いが大きなイメージファイル。
 -z1, -圧縮=1 gzipを使って圧縮 :早くて小さなイメージファイル(標準)
 -z2, -圧縮=2 bzip2を使って圧縮 :とても遅い、そしてとても小さなイメージファイル):
::-c, -チェックなし 保存する前にパーティションのチェックを行わない。
::-o, -上書き 存在するイメージファイルに確認なしに上書き
::-d, -説明なし イメージファイルの説明を尋ねない。
::-V, -ボリューム (複数のボリュームファイルにイメージを分割)
 -VX -ボリューム=x X MBの大きさのボリュームを作る
::-w, -waitvol どちらのボリュームも変化が確定するまで待つ
::-e, -消す 0byteのある復元上の空のブロックを消す
::-m, -allowmnt パーティションをマウントしたときに失敗しない。危険!
::-M, -nombr イメージファイルの中のMBR(Mast Boot Record)のバックアップを作成しない。
::-h, -ヘルプ ヘルプを表示する。
::-v. -バージョンを表示する。
::-i, -compilinfo 使ったオプションのcompilatin(編集)を表示する
::-f, -終了 (完全に終了したら行う行動)
 -f0, -finish=0 何もしないで待つ
 -f1, -finish=1 Halt コンピュータの電源を切る
 -f2, -finish=2 Reboot コンピュータを再起動
 -f3, -finish=3 Quit やめる
::-b, -バッチ バッチモード:GUIはユーザの行動を待たないでしょう。
::-BX, -fully-batch=x バッチモード:GUIなしのバッチモード、Xは一連の反応の要求です。
::-y, -nosync 操作の最後にディスクを同期しない。危険!
::-sX, -server=X partimagedサーバにIPアドレスを与える。
::-pX, -port=x partimagedサーバの応答ポートを与える。
::-g, -debug=x デバッグレベルを設定する(標準は1)
::-n, -nossl SSLネットワークモードを使わない。
::-S, -smiulate 回復モードをシミュレートする。
::-aX, -atuomnt=X Xオプションで自動マウント。
::-UX -username=X X サーバーに証明するためのユーザ名
::-PX -password=X X ユーザの証明のためのパスワード
{{category Linux}}
{{category2 OS,Linux}}