トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Let's note に Linux Mintをインストールするの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!ブート方法

!!!Linux Mint
!!インストール
ドライバ周りを入れてくれるので、「グラフィックス、Wi-Fi機器、Flash、MP3やその他のメディアに必要なサードパーティーソフトウェアをインストールする.」はチェックした方が無難。

!!設定
!言語パッケージ
とりえあず、日本語のパッケージをインストールする。
コントロールセンター -> 言語 -> 言語サポート -> 言語のインストールと削除
 Japanese.Japan UTF-8
を選択して言語パッケージのインストールを選択

!無線LAN
ドライバ等は標準でインストールされる。

!日本語入力
IBUS-Mozcを使う。
+Mozcインストール
++apt install ibus-mozc
++入力方法をIBUSにする。
+コントロールセンター -> 入力方法
++IBusを選択
+コントロールセンター -> IBUSの設定
++入力メソッド でMozcを選択

!プリンタドライバ
canonの場合
{{ref scangearmp-mg3200series-2.00-1-deb.tar.gz}}
{{ref libtiff4_3.9.6-11+deb7u11_i386.deb}}が必要になる。
ドライバ{{ref cnijfilter-mg3200series-3.80-1-deb.tar.gz}}
スキャンツール{{ref scangearmp-mg3200series-2.00-1-deb.tar.gz}}

必要になるパッケージ
{{ref libpng12-0_1.2.49-1+deb7u2_amd64.deb}}
{{ref libtiff4_3.9.6-11+deb7u11_amd64.deb}}
{{ref libtiff4_3.9.6-11+deb7u11_i386.deb}}

!キーリング
GUIの設定は
 seahorse
を使う。

!chrome
googleのサイトからダウンロードしてインストール。

!トラックパッド
http://lioon.net/configure-synaptics-for-lubuntu
そのままでもトラックパッドは使えるけど、Let't noteのクルクルを使いたい場合は以下のファイルを作成する。
スクロールの向きや二本指でのスクロールはコントロールセンターのマウス設定の画面で行える。
/usr/share/X11/xorg.conf.d/51-synaptics-letsnote.conf
 Section "InputClass"
        Identifier "touchpad catchall"
	Driver "synaptics"
        MatchIsTouchpad "on"
        Option "CircularScrolling" "1"
        Option "CircularScrollTrigger" "0"
 EndSection

!トラックパッドの速度変更
http://esf.hateblo.jp/entry/2012/10/13/013837
トラックパッドのカーソル速度をコントロールセンターのマウスの設定画面で設定できるよりも更に遅くする。
 $ xinput
でデバイス名を確認する。
 $ xinput --set-prop "SynPS/2 Synaptics TouchPad" "Device Accel Constant Deceleration" 5
速度設定は1〜10の範囲で設定可能であり、値が大きいほど速度は遅くなる。
 $ xinput --list-props "SynPS/2 Synaptics TouchPad"
で設定値を確認できる。
再起動すると値が戻ってしまうので、shell等を書いてログイン時に自動的に実行されるようにする。

!自動アップデート
アップデートマネージャの自動アップデートの設定

!Timeshift
スナップショットは取っておく

!ゲーム類
 apt install gnome-games

!!アンチウィルス
必要に応じて
[Comodo Antivirus for Linux|https://www.comodo.com/home/internet-security/antivirus-for-linux.php]

!!!Mateの設定
[[Linux Mint の設定]]

{{category2 OS,Linux}}