トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Linuxでプリンタの共有をする

CUPSの基本設定


サーバーは中継するだけなので、Rawデータを中継するための設定を行う。
redhat-config-printer でプリンタの追加をしておく。

/etc/cups/mime.convsで次の行のコメントアウトを解除する。

application/octet-stream   application/vnd.cups-raw   0   -

/etc/cups/mime.typesの次の行のコメントを解除する。

application/octet-stream

/etc/cups/cupsd.confを編集し、ネットワーク上のほかのパソコンから接続を許可する。
(redhat-config-printer でも可能)

     <Location /printers>
        AuthType None
        Order Deny,Allow
        Deny From All
        Allow From 127.0.0.1
        Allow From 192.168.0.0/24
     </Location>

/etc/cups/cupsd.confを編集し、ネットワーク上のほかのパソコンから設定を行えるようにする。
(必ずしも必要ではない)

     ## Restrict access to local domain
     Order Deny,Allow
     Deny From All
     Allow From 127.0.0.1
     Allow From 192.168.0.0/24

CUPSを再起動する。

 # /etc/rc.d/init.d/cups restart

 
 

Sambaの設定を行う


Sambaでプリンタを共有できるように設定する。/etc/samba/smb.confを編集する。


[global]
 load printers = yes
 printcap name = /etc/printcap
 printing = cups

[printers]
 comment = All Printers
 path = /var/spool/samba
 browseable = yes
 public = yes
 printable = Yes
 use client driver = yes


ファイルを保存して、Sambaを再起動する。

# /etc/rc.d/init.d/smb restart

[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2008年05月25日 22時17分46秒