トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Linuxの画面をRDPで表示する

概要

Linuxの画面をRDP(リモートデスクトッププロトコル)で利用する。
Linux側にxrdpをインストールして、クライアントにリモートデスクトップを使う。
CentOS5でもxrdpが利用可能。

xrdpのインストール

xrdpはEPELにある。
以下のEPELを有効にして、以下のコマンドでインストール。

sudo yum --enablerepo=epel install xrdp

日本語キーボードの対応

もし、キーボードの入力がおかしい場合は、以下のファイルをダウンロードして配置する。
km-0411.ini(135)

cd /etc/xrdp
cp ダウンロードしたファイル km-0411.ini
chmod 644 km-0411.ini 
ln -s km-0411.ini km-e0010411.ini 
ln -s km-0411.ini km-e0200411.ini 
ln -s km-0411.ini km-e0210411.ini
/etc/init.d/xrdp restart

[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2016年02月25日 23時17分40秒