トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Linuxの起動の仕組み

http://park15.wakwak.com/~unixlife/linux/boot-rcd.html
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/theory10/theory10a.html

  1. Linux起動時にinit(定義ファイル=/etc/inittab)が実行され、まずこの中のrc.sysinitが実行される。
  2. 次にrcスクリプトが起動するランレベルを引数に実行される。

rcスクリプトでは、引数のランレベルに該当するrc*.dディレクトリ内のスクリプトを実行しシステムサービス(デーモン)の起動と停止を行う。

  • 各rc*.d内のスクリプトファイルはinit.d内の実態ファイルへのシンボリックリンク
  • rc*.d内のシンボリックリンクは、"S"で始まるものが起動、"K"で始まるものが停止
  • "S"や"K"のあとにある数字の小さいほうから順番に処理していく
  • rc.localはランレベルが2から5の時に読みこまれ実行される。(rc2.d内からrc5.d内にシンボリックリンクが存在する)

rc.d と chkconfig の関係

http://unixlife.jp/unixlife/linux/sys-chkconfig.jsp
動作 コマンド
現在設定されている一覧を表示 chkconfig --list
rc*.d以下にリンクを作成 chkconfig --add [スクリプト名]
rc*.d以下のリンクを削除 chkcinfg --del [スクリプト名]
rc2,3,4,5のリンクをSに変更(起動) chkconfig [スクリプト名] on
rc2,3,4,5のリンクをKに変更(停止) chkconfig [スクリプト名] off
指定rcのリンクをSに変更(起動) chkconfig --level [rcレベル] [スクリプト名] on
指定rcのリンクをKに変更(停止) chkconfig --level [rcレベル] [スクリプト名] off
起動や停止する順番の数字は指定出来ません。これは、スクリプトファイルにあらかじめ決められているからです。

[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2012年06月20日 00時02分48秒