トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Linuxコマンドでテキストデータを自在に操るの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://d.hatena.ne.jp/mi_kattun/20100916/1284631280

!!ファイルを縦に結合
,,
,cat file1 file2 ...,"file1, file2, ... を縦に結合"

!!行の抽出
,,
,grep regex	,正規表現に該当する行を抽出
,grep -v regex	,正規表現に該当しない行を抽出
,head -n count	,先頭から count 行を抽出
,tail -n count	,末尾から count 行を抽出


!!列の抽出
,,
,cut -d delimiter -f fields,行を delimiter で区切り、fields の列を抽出

!!行を変換
,,
,sed 's/regex/replacement/'	,各行で regex に該当する部分を replacement に置換
,tr set1 set2	,set1 に含まれる文字を set2 に含まれる対応する文字に変換
,tr -d set	,set に含まれる文字を削除
,tr -s set	,set に含まれる文字の繰り返しを1文字に圧縮

!!その他
,,
,sort	,ソートする
,sort -r	,降順にソートする
,uniq	,ユニークな行だけを表示(事前にソートが必要)
,uniq -d	,重複した行だけを表示(事前にソートが必要)
,wc -l	,行数を数える
,wc -w	,単語数を数える


{{category2 OS,Linux}}