トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Linux でデフォルトゲートウェイを設定する

参考

http://d.hatena.ne.jp/torutk/20160506/p1
http://linux.kororo.jp/cont/intro/dgate.php
http://www.server-memo.net/server/linux-setting/ifcfg-eth

ネットワークマネージャを使う場合

/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth*

に出来る設定ファイルの

 DEFROUTE=yes

になっているものがデフォルトゲートウェイになる。
デフォルトルートにしたい接続のみDEFROUTE=yesにして、それ以外はDEFROUTE=noにする。

コマンドで設定する

never-defaultを設定する
DEFROUTE=yesにする場合

nmcli con modify 接続名 ipv4.never-default no

DEFROUTE=noにする場合

nmcli con modify 接続名 ipv4.never-default yes

GUIで設定する場合

  1. ネットワークマネージャで接続の編集画面を開く
  2. ipv4のセッティング(またはipv6のセッティング)タブを開く
  3. 下にあるルートのボタンを選択
  4. 「そのネットワーク上のリソースのためにのみこの接続を使用」のチェックを設定する
    1. DEFROUTE=yesにする場合、チェックを外す
    2. DEFROUTE=noにする場合、チェックを入れる

ネットワークマネージャを使わない場合

幾つかの方法がある。
以下の方法の一つだけ設定するのが良いと思う。
とりあえず、

/etc/sysconfig/network

に書けばいいかなぁ。

 ifcfg に記述する方法

一番手っ取り早いけど、複数のIFでデフォルトゲートウェイを設定すると、最後に有効にしたIFのデフォルトゲートウェイが有効になるので注意

/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth*


GATEWAY

を設定する。複数のIFがある場合は、どれか一つにだけ GATEWAY を設定し、それ以外は GATEWAY を設定しないこと。

 ifcfg に記述する方法 その2

/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth*


DEFROUTE=yes

を設定する。複数のIFがある場合は、他は

DEFROUTE=no

にする。

 /etc/sysconfig/network に設定する

/etc/sysconfig/networkを編集することでデフォルトゲートウェイの値を編集することができます。

# vi /etc/sysconfig/network
NETWORKING=yes
HOSTNAME=mika
GATEWAY=172.16.50.1

この方法の場合は、 /etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth* の GATEWAY は設定してはいけない。


[カテゴリ: OS > Linux]
[カテゴリ: ツール > ネットワーク]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2018年09月14日 23時05分27秒