トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Linux のカーネル起動オブション

http://www.turbolinux.com/products/tlc2008/guide/install/html/livecd.html

起動オプション 説明
nodetx 起動時に X の設定ファイル(xorg.conf)を作成しません。X の表示に問題のある環境で指定をすると改善される場合があります。
no3ddesktop 3D デスクトップ機能(Compiz Fusion)を無効に設定します。通常は、ビデオカードが Compiz Fusion に対応している場合有効になりますが、ここで指定をすると強制的に無効になります。
splash=silent 起動中にスプラッシュスクリーンを表示します。詳細メッセージは表示されず進捗が表示されます。
splash=0 起動中にスプラッシュスクリーンを表示しません。スプラッシュスクリーンの表示でエラーが発生した場合に指定してください。
nosmp マルチプロセッサ拡張を無効にします。
noapic APIC (Advanced Programmable Interrupt Controller)を無効に設定します。APIC の影響で正常に動作しない機種で指定します。
nolapic Local APIC (Local Advanced Programmable Interrupt Controller)を無効に設定します。Local APIC の影響で正常に動作しない機種で指定します。
acpi=off ACPI (Advanced Configuration and Power Interface)を無効に設定します。ACPI の影響で正常に動作しない機種で指定します。
acpi=noirq ACPI (Advanced Configuration and Power Interface)の割込み設定を無効にします。
acpi=ht hyper-threading を有効にするためだけに ACPI を制限し有効化する場合に指定します。
pci=nomsi MSI(Message Signaled Interrupts) を無効に設定します。
pci=nommconf PCI 設定で MMCONFIG の使用を無効に設定します。
reboot=b カーネルがシステムを再起動する方法を変更します。再起動時に問題が発生する場合に指定します。
[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2010年04月04日 21時35分45秒