トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Linux64bit に Oracle 11g 32bit をインストールするの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://docs.oracle.com/cd/E16338_01/nav/portal_11.htm
[Oracle® Databaseインストレーション・ガイド 11gリリース2 (11.2) for Linux | http://docs.oracle.com/cd/E16338_01/install.112/b56273/toc.htm]
[Oracle® Databaseクイック・インストレーション・ガイド11gリリース2 (11.2) for Linux x86 | http://docs.oracle.com/cd/E16338_01/install.112/b56275/toc.htm]
[Oracle® Database Clientクイック・インストレーション・ガイド11gリリース2 (11.2) for Linux x86 | http://docs.oracle.com/cd/E16338_01/install.112/b56276/toc.htm]

!!!インストールの注意点
基本的にインストレーションガイド通りで良い。
ただし、 64bitOSに32bitOracleをインストールする場合
 /usr/bin/ld: skipping incompatible /appbin/oracle/dmadmin/product/11.1.0/client_1/lib//libirc.a when searching for -lirc
 /usr/bin/ld: skipping incompatible /appbin/oracle/dmadmin/product/11.1.0/client_1/lib/libirc.a when searching for -lirc
 /usr/bin/ld: cannot find -lirc
 collect2: ld returned 1 exit status
のようなエラーを吐いてしまうことがある。
これは、gcc で 64bit用にコンパイルしようとしてエラーになっている可能性がある。
対応策としては以下の2つ。どっちでもいいけど、対応策2のほうが楽。

!!対応策1
+32bit の gcc をインストールする。
++64bit の gcc とバージョンが重なると問題が出ることがあるので、バージョンが重ならないような 32bit gcc をインストールする。
+/usr/bin/gcc を 32bit を見るようにする
++ mv /usr/bin/gcc /usr/bin/gcc-x86_64
++ cp /usr/bin/gccXX /usr/bin/gcc
++ gccXX はインストールしたバージョン
+gcc -v で 32bit になっていることを確認して、Oracle をインストール
+インストールが終わったら、/usr/bin/gcc を戻しておく

!!対応策2
gcc のオプションに -m32 を付けて 32bit 用にコンパイルする
 $ORACLE_BASE/db_1/sysman/lib/env_emagent.mk
の gcc を gcc -m32 に置き換えて再試行するとうまくいくはず







{{category2 データベース,Oracle}}