トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

MinGWでwxWidgetsを使うの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
https://wiki.wxwidgets.org/Compiling_wxWidgets_with_MinGW

!!!準備
!!MinGWのインストール
ググってMinGWをインストールする。
とりあえず必要最低限だけインストールして、
コマンドやライブラリが必要になったらその都度追加する。

!!ダウンロード
http://www.wxwidgets.org/downloads/
から Windows用のソースをDLする。

!!コンパイル
 cd build\msw
 mingw32-make -f makefile.gcc SHARED=1 UNICODE=1 BUILD=release

MSYSをインストールすると、wxWidgetsのコンパイルに失敗するので注意
※公式のトラブルシューティング参照
https://wiki.wxwidgets.org/Compiling_wxWidgets_with_MinGW#CreateProcess.2C_The_system_cannot_find_the_file_specified.

!!サンプルのコンパイルと実行
基本的に wxWidgetsをコンパイルした時と同じコマンド。
ただし、 SHARED=1 の場合はDLLはexeに同梱されてないので別途パスを通すか、同じディレクトリに置く必要がある。

{{category2 プログラミング言語,C}}