トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Oracleのimpで文字コードを変える

基本的にexpを実行した環境と同じ環境でimpする。
もし、WindowsでexpしたダンプファイルをLinuxでimpする場合などは

NLS_LANG

をexpとimpする環境で合わせる必要がある。
NLS_LANGが異なる場合は、ダンプファイルの構文が正しくない的なエラーがでる。

とりあえず、WindowsでexpしたファイルをLinuxでimpする場合は

export NLS_LANG=Japanese_Japan.JA16SJISTILDE

的なことしておけばいい

[カテゴリ: データベース > Oracle]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2015年06月10日 20時47分10秒