トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Oracle 10g 10.2.0.3.0 のパッチを当てるの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!パッチのインストール
+ Oracle のサービスを全て止める
+ パッチを解凍する
+ 解凍して出来るフォルダを、全角文字、スペースの無いパスへ移動する(例:c:\ora_patch)
+ パッチフォルダ内のsetup.exe を実行する
+ DLL の上書きでエラーが出る場合は、そのDLL の名前を変更する

!パッチインストール後の作業
+ ORACLE_HOME\dbs\SPFILEORCL.ora のバックアップを取る
+ lsnrctl start (リスナー起動)
+ net start OracleService<SID> (Oracle 起動)
+ sqlplus "/ as sysdba"
+ SQL> startup NOMOUNT (データベースを起動する)
+ SQL> alter system set large_pool_size='150M' scope=spfile;
+ SQL> alter system set sga_target='512M' scope=spfile;
+ SQL> alter system set shared_pool_size='150M' scope=spfile;
+ SQL> alter system set java_pool_size='150M' scope=spfile;
+ SQL> shutdown
+ SQL> startup upgrade
+ SQL> spool path.log
+ SQL> @?\rdbms\admin\catupgrd.sql
+ SQL> spool off
+ SQL> shutdown
+ SQL> startup
+ SQL> @?\rdbms\admin\utlrp.sql
+ ORACLE_HOME\dbs\SPFILEORCL.ora をリストアする
{{category2 データベース,Oracle}}