トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

PHPでissetを判定し、デフォルト値を取得するの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
PHPにはCLI 版とDSO版がある
{{div_begin class="pre"}}
CLI (Command Line Interface) コマンドラインでPHPが動かせる
設定ファイルは{{span class="ep", php-cli.ini}}
{{div_end}}
http://codereview.stackexchange.com/questions/12722/shorthand-for-issetvarfoo-varfoo
以下のようなファンクションで、issetの判定とデフォルト値の取得ができる。
 function getDefault(&$isset, $default) {
    return isset($isset) ? $isset : $default;
 }

{{div_begin class="pre"}}
DSO (Dynamic Shared Object) Apache のモジュールとして動作
設定ファイルは{{span class="ep", php.ini}}
{{div_end}}

{{div_begin class="pre"}}
extension=php_pdo.dll
extension=php_sqlite.dll
などで指定したライブラリは {{span class="ep",extension_dir}}から検索される
{{div_end}}

php.ini の場所は
 環境変数 PHPRC
で設定するか、apacheの場合、httpd.confに
 PHPIniDir "d:/php"
などとすることで、iniファイルの場所を指定できる。
アドレス渡しをすることで、ファンクションを呼び出した際に変数や配列の値の不正がチェックされることを回避できる。

{{category2 プログラミング言語,PHP}}