トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

PIO病

http://inspiron1720.seesaa.net/article/56001181.html
http://hail2u.net/blog/software/transfer_modes_trouble.html
http://d.hatena.ne.jp/mut3/20070122

HDDやDVDドライブ等のIDEデバイスの読み書き速度が異常に遅くなる現象で、デバイスの転送モードがPIOになっているケースのことを、俗にPIO病と呼ぶ

対処法1

デバイスを削除して、認識し直す。

(1)PIOモード病に掛かっているIDEチャネルを確認する
・「デバイスマネージャー」「IDEコントローラ」(※)
・「セカンダリ・チャネルorプライマリ・チャネル」の「プロパティ」を見る
・「詳細設定」「現在の転送モード」でPIO病のチャネルを確認する。

(2)WindowsのIDEチャネルを再構築する
・「デバイスマネージャー」「IDEコントローラ」
・PIO病のIDEチャネルを「右クリック」して「削除」を行う
・「再起動しますか?」と聞かれたら、それに従う。
 聞かれなくても、再起動を行う。
・再起動した直後に、再び「再起動しますか?」と聞かれたら、再起動を行う。
 聞かれなくても、再起動を行う。

対処法2

 ・HKEY_LOCAL_MACHINE
  ・SYSTEM
   ・CurrentControlSet
    ・Control
     ・Class
      ・{4D36E96A-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}
       ・[PIOになっているデバイス]
        ・MasterDeviceTimingModeAllowed ← DWORD16進数で「ffffffff」
          モードの再設定(マスターの場合)
        ・SlaveDeviceTimingModeAllowed ← DWORD16進数で「ffffffff」
          モードの再設定(スレーブの場合)
        ・ResetErrorCountersOnSuccess ← DWORDで「1」
          PIOに落ちる条件を変更

MasterDeviceTimingModeAllowed は、「DMAによる転送が6回失敗したらPIOに変更する」という仕様を「DMAによる転送が6回連続で失敗したらPIOに変更する」というように変更させるためのDWORD値

ResetErrorCountersOnSuccess は、固定されてしまった転送モードを改めてWindowsに設定してもらうように促すためのDWORD値

[カテゴリ: OS > Windows]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2009年12月02日 22時48分51秒