トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

Perlで他のCGIを呼び出すの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!Windows
!ppmを使う
○ppmの起動
 C:>ppm
http://blog.goo.ne.jp/40vq77a80/e/6059f6386872b5d4a77f630b9d0f3a25

○ヘルプを使う
 ppm>help
 ppm>search help
 など
!!exec関数を使う
 exec コマンド/cgi [,引数] [,引数…]
exec関数は、引数をリストとして渡し、コマンド/cgiを実行する。実行後は親のPerlスクリプト(cgi)に処理は戻らない。ただし、ブラウザから親cgiを呼び出し→子cgiを実行した場合は、ブラウザには子cgiの実行結果が親cgiの実行結果として戻される。

○検索
 ppm>search TITLE=DBD
 など
!例
oya-exe.cgi ( execで呼び出す場合 )
 #!/usr/bin/perl
 
 $str1 = "rain";
 $str2 = "morning.";
 exec ( "./child.cgi" , $str1 , $str2 );
 print "OK"; #処理が戻らないので、この行は実行されない。

○インストール
 ppm> install DBD-SQLite
 など
!!system関数を使う
 system コマンド/cgi [,引数] [,引数…]
system関数は、引数をリストとして渡し、コマンド/cgiを実行する。実行後は親のPerlスクリプト(cgi)に処理が戻る。system関数は実行した子コマンドが終了するのを待ち、その終了ステータスを返す。

○proxy
・認証なしのProxy
 set HTTP_PROXY=http://proxyname:port
・認証ありのProxy
 set HTTP_PROXY=http://userid:password@proxyname:port

!!Linux
!CPANを使う
http://taichino.com/programming/perl-programming/594
○CPAN起動
 perl -MCPAN -e shell

○CPANの再設定
 o conf init

○検索
 b /DBD.*/
 i /検索語/
 m /モジュール名/
 a /Author/
など

○インストール
 install DBD::SQLite
 など

○proxy
~/.cpan/CPAN/MyConfig.pm の"ftp_proxy"と"http_proxy"の部分を書き換える
 http://example.proxy.com:8080/

!例
oya-sys.cgi ( systemで呼び出す場合 )
 #!/usr/bin/perl
 
 $str1 = "fine";
 $str2 = "morning.";
 system ( "./child.cgi" , $str1 , $str2 );
 print "OK"; #処理が戻るので、この行が実行される。

{{category2 プログラミング言語,Perl}}