トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Portable Ubuntu の設定

http://portable-ubuntu.of-jp.com/setup/install/

インストール

http://sourceforge.net/projects/portableubuntu/files/portableubuntu/UNO/
から

Portable_Ubuntu.exe

をダウンロード。

実行

run_portable_ubuntu.bat

を実行。

初期のパスワードは

123456

設定

 ポートフォワード

portable ubuntu の sshd に接続させたい場合、ポートフォワードができる。

config\portable_ubuntu.conf

に書かれている

eth0=slirp,.....,tcp:22:22

の行。最後の tcp:22:22 がポートフォワードの部分。区切りは「/」。
設定例:

   eth0=slirp              # もっともシンプルなslirpモード(外向けのみ)
   eth0=slirp,,tcp:22:22   # SSHをホストからゲストに転送する
   eth0=slirp,,tcp:2222:22 # ホストの2222をゲストの22として転送する
   eth0=slirp,,tcp:2222:22/tcp:4000:80:3 # 複数のポートをホストからゲストに転送する
                                         # (2222→22, 4000→80, 4001→81, 4002→82)

 リポジトリ変更

System -> Administration -> Software Souces

を選択。

Download from -> Other -> japan

を選択して、jaist とか yamagata テキトウに選択。
リロードするか? と聞かれたら、リロードするを選択。

 日本語化

リポジトリを日本に設定しておかないと正しく日本語化できない可能性あり。

System -> Administration -> Language Support

を選択し、

Japanese 

を選択。パッケージのインストールが終わったら

System -> Administration -> Language Support

を選択して

Default Language


Japanese

に変更する。 Input Method も自動的に有効になる。

 タイムゾーン

sudo dpkg-reconfigure tzdata


Asia -> tokyo

の順に選択。



[カテゴリ: OS > Windows]
[カテゴリ: OS > Linux]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2012年01月25日 22時33分42秒