トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

RemixOSをvmwareで使うの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://memomemomemomemo.blog.so-net.ne.jp/2009-02-13-2
http://ottan.xyz/remix-os-resident-mode-install-vmware-fusion-4492/

vmcのファイルを開き
        <integration>
            <microsoft>
!!!インストール
+Resident mode でインストール時にオプションを変更する
++Resident mode を選択して、tabキーでオプションを変更する
++SRC= DATA= CREATE_DATA_IMG=1 を削除
++「INSTALL=1 を追加
+パーティッションを作成して、インストール開始

セクションに
    <components>
            <host_time_sync>
                    <enabled type="boolean">false</enabled>
            </host_time_sync>
    </components> 


 <?xml version="1.0" encoding="UTF-16"?>
 <!-- Microsoft Virtual Machine Options and Settings -->
 <preferences>
     <version type="string">2.0</version>
 
   中略
 
     <integration>
         <microsoft>
             <components>
                 <host_time_sync>
                     <enabled type="boolean">false</enabled>
                 </host_time_sync>
             </components>
             <mouse>
                 <allow type="boolean">true</allow>
             </mouse>
 
   中略
 
 </preferences>
{{category2 仮想化}}