トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Ruby on Rails

参考


インストール

rbenvを使ってプロジェクトごとに異なるrubyやrails、gemのバージョンを使うのを前提とする。

 一つのプロジェクトごとにgemのバージョンを分ける

ディレクトリ構成

 proj
 ├── Gemfile
 ├── app
 ├── bin
 ├── config
 |          ....
 └── vendor
     └── bundle

インストール

yum install sqlite-devel
cd proj
bundle init   <- Gemfileが作成される
vim Gemfile <- # gem "rails" のコメントを外す
bundle install --path vendor/bundle
bundle exec rails new . --path vendor/bundle

ファイルの上書きの確認が表示されるが上書きして問題ない。

 複数のプロジェクトで共通のgemを使う

ディレクトリ構成

[root]
 ├── Gemfile
 ├── Gemfile.lock
 ├── proj1
 │   ├── Gemfile
 │   ├── app
 │   ├── bin
 │   ├── config
 │   ....
 │   └── vendor
 ├── proj2
 │   ├── Gemfile
 │   ├── app
 │   ├── bin
 │   ├── config
 │   ....
 │   └── vendor
 └── vendor
     └── bundle

インストール

yum install sqlite-devel
cd proj
bundle init   <- Gemfileが作成される
vim Gemfile <- # gem "rails" のコメントを外す
bundle install --path vendor/bundle
bundle exec rails new proj1 --path vendor/bundle
bundle exec rails new proj2 --path vendor/bundle

apacheを使わずに実行する

Javascriptエンジンが必要

yum install epel-release
yum install nodejs

サーバを起動する

bundle exec rails s

apacheで実行する

 passengerのインストール

yum install httpd-devel curl-devel gcc-c++
gem install passenger
passenger-install-apache2-module

 passengerの設定


Hello World


[カテゴリ: プログラミング言語 > Ruby]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2018年06月02日 01時08分16秒