トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

SQL PLUS の使い方の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://www.ddbank.net/cgi-bin/webapp/wiki.cgi?page=SQL+PLUS%A5%B3%A5%DE%A5%F3%A5%C9
http://docs.oracle.com/cd/E16338_01/server.112/b61353/toc.htm
http://www.shift-the-oracle.com/sqlplus/command/

,コマンド,内容
,@,ファイルの内容を実行(詳細は START 参照)
,@@,ファイルの内容を実行(詳細は START 参照)
,@?,ファイルの内容を実行(詳細は START 参照)
,n,カレント行を n にする
,/,バッファ内のSQL、PL/SQLブロックを実行(SQL バッファ非表示)
,ACCEPT,ACCEPT vData PROMPT ' vDataを入力する。'
,APPEND,行末にテキストを追加
,ARCHIVE LOG,アーカイブログ運用の設定と状態表示
,ATTRIBUTE,オブジェクト型列の表示書式を設定
,BREAK, 
,BTITLE,下部に指定のタイトルの書式設定
,CHANGE,SQL バッファの文字を置換
,CLEAR,画面、バッファ、書式、タイマーの設定などの初期化
,COLUMN,カラムの書式指定(書式モデル)
,COMPUTE, 
,CONNECT,データベースへの接続
,COPY,下位互換用
,DEFINE,ユーザー定義定数の設定と表示
,DEL,SQL バッファの一部を削除
,DESCRIBE,スキーマオブジェクトの仕様を表示
,DISCONNECT,データベースから切断
,EDIT,ホストのエディタを使用した編集
,EXECUTE,PL/SQL ブロックの実行
,EXIT,SQL*Plus の終了
,GET,ファイルの内容をSQLバッファに読み込む
,HELP,オンライン・コマンドヘルプ
,HOST,シェルでコマンドの実行
,INPUT,文字列の追加(単独の場合には複数行追加可能)
,LIST,SQL バッファ内を表示
,PASSWORD,パスワードの変更
,PAUSE,処理の一時停止
,PRINT,バインド変数の内容を表示する
,PROMPT,メッセージの表示
,RECOVER,データベースのリカバリー
,REMARK,コメント行
,REPFOOTER, 
,REPHEADER, 
,QUIT,EXIT コマンドのエイリアス
,RUN,バッファ内SQL、PL/SQLブロックを表示し実行
,SAVE,SQLバッファの内容をファイルに保存
,SET,システム変数を設定する
,SHOW,メモリ、システム変数、初期化パラメータなどの表示
,SHUTDOWN,オラクルの停止
,SPOOL,出力結果をファイルへ出力の開始と終了
,START,ファイルの内容を実行
,STARTUP,オラクルの起動
,STORE, 
,TIMING,タイマーの設定、表示と解除
,TTITLE,上部に指定のタイトルの書式設定
,UNDEFINE,ユーザー定義定数の削除
,VARIABLE,バインド変数 の定義
,WHENEVER OSERROR,OS レベルのエラー発生時の例外処理
,WHENEVER SQLERROR,SQL レベルのエラー発生時の例外処理

!!EDIT コマンド
EDIT コマンドの構文
 EDIT [ファイル名[.拡張子]]

短縮形
 ED [ファイル名[.拡張子]]

ファイル名を省略した場合には afiedt.buf というファイル名(※2) で SQL バッファの内容を保存してエディタを起動する。
エディタを起動している間は SQL*Plus の操作はできない。(※3)

(※2) システム変数 EDITFILE で保存ファイル名を変更可能 (set editfile sqlplus.tmp)
(※3) Windows の旧バージョンのオラクルでは編集中でも SQL*Plus がモードレスで操作できてしまうものもある。

!!LIST コマンド
LIST コマンドの構文
 LIST
 LIST n
 LIST n m

短縮形
 L
 L n
 L n m
n と m には行番号の他に アスタリスク(*) と LAST というキーワードを指定することができる。
 アスタリスク(*) はカレント行をあらわすキーワード 、LAST は最終行をあらわすキーワードである。
また 行番号だけを入力すると LIST n と同じ操作になる。

!!SPOOL コマンド
SPOOL コマンドの構文

 SPOOL [file_name[.ext] [CREATE | REPLACE | APPEND]
 SPOOL OFF
 SPOOL OUT
[CREATE | REPLACE | APPEND ] オプションは Oracle 10g からの機能

短縮形
 SPO [file_name[.ext] [CRE | REP | APP]
 SPO OFF
 SPO OUT

SPOOL filname の形式が出力開始設定、SPOOL OFF が出力停止設定となる。SPOOL OUT はプリンタ直接出力命令であるが Windows では利用できない。

!!!gqlplus
[gqlplus|http://sourceforge.net/projects/gqlplus/]
gqlplusフロントコマンドを使って、Oracleプログラムsqlplusを行編集、履歴、テーブル名とカラム名の補完機能の終わりです。それ以外の場合は、ユーザーインターフェイスは、sqlplusとのと同じです。コマンドラインの編集など、bashで動作/ tcshシェル。
(このプロジェクト概要は機械翻訳されたものです)

{{category2 データベース,Oracle}}