トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

VMWareでAndroidアプリをデバッグする

環境作成

Android SDK


 VMWareにAndroid OSをインストール

  • http://www.android-x86.org/download からAndroid OS をダウンロード( StableRelease のAndroid-x86 x.x live & installation iso image)
  • VMWareを落としたISOイメージからブートしてAndroid OS をインストール
  • インストールが終了したら、適当に環境設定をする
  • ps コマンドで adbd が起動されているか確認する
  • (遊び)USBに音楽とか動画とか入れて、SDカードとして認識させて遊んでみる

※ 左Alt + F1でCUI、左Alt + F7でGUI
※ SDカードとして、USBメモリが使える

アプリのインストールと実行、デバッグ

 adb について

ちゃんと調べたわけじゃないですが

  • Android OS側に adbd (adbデーモン)を起動する
  • adbコマンド実行側で、adb server を起動する
  • adbコマンドは、adb server を経由してadbd に指示を与える

だと思います。なので、adbdが起動されていればエミュレータだろうがVMWareだろうが実機だろうがまったく同じ方法でアプリのインストール、デバッグが行えます。

 環境変数を設定

  • 基本的にはVMWareを使っても、エミュレータを使っても方法は同じ
  • VMWareを使う場合は、環境変数 ADBHOST にVMWareのIPアドレスを指定する
set ADBHOST=192.168.0.1 

これで、adb server が192.168.0.1を見に行くようになる。

 アプリインストール

antで開発している場合は

ant install

apkファイルがある場合は、-adb コマンドでアプリをインストールする

adb install hoge.apk 

既にインストールされているアプリを上書きする場合は

adb install -r hoge.apk 

うまく行かないときは

adb kill-server 

をしてから、もう一度実行。

 デバッグ

  • adb logcat でログを確認
adb logcat

 その他のコマンド

adb devices デバイス一覧
adb shell adbd 上でのシェル
adb start-server adb開始(基本的に自動で行われる)
adb kill-server adb停止


[カテゴリ: プログラミング言語 > Java > Android]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2010年11月03日 23時03分59秒