トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

VMWare で不要なサービスを止めるの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
http://kakutodani.blog91.fc2.com/blog-entry-151.html

!Windows
VMWare3.0からは、サービス以外に
 VMWare hqtray
がスタートアップに追加される。必要ないので削除してよい。

VMWareをインストール後にサービスとして
「VMWare *****」というサービスがいくつか追加される。

VMWareを使用しないときはサービス自体が不要なので、「手動」に設定して
必要なときだけサービスを起動した方が良い。

startVMWareService.bat
 net start "VMware DHCP Service"
 net start "VMware NAT Service"
 net start "VMware Virtual Mount Manager Extended"
 net start "VMware Authorization Service"
 net start "VMware Registration Service"

stopVMWareService.bat
 net stop "VMware Registration Service"
 net stop "VMware Authorization Service"
 net stop "VMware Virtual Mount Manager Extended"
 net stop "VMware NAT Service"
 net stop "VMware DHCP Service"

この様なバッチを作っておくと便利
この様なバッチを作っておくと便利。もし、追加されたネットワークの制御をするなら以下を追加する
VMnet8を有効にする場合
 netsh interface set interface "VMware Network Adapter VMnet8" enable

VMnet8とVMnet1を無効にする場合
 netsh interface set interface "VMware Network Adapter VMnet8" disable
 netsh interface set interface "VMware Network Adapter VMnet1" disable

!Linux
 chkconfig --level 0123456 vmware off
でサービスを止めておいて、必要なときに管理者権限で
 /etc/init.d/vmware start
で上げる。メモリ的に気にならない場合は、無理に落としておかなくても良いかも。

!バッチサンプル
http://kakutodani.blog91.fc2.com/blog-entry-151.html
  rem  net %1 "VMware Agent Service"  ←支障が有ればrem外す
  rem  net %1 "VMware Authorization Service"  ←支障が有ればrem外す
  net %1 "VMware DHCP Service"
  net %1 "VMware NAT Service"
  net %1 "VMUSBArbService"  ←ver3+ only。USBデバイスを接続しないならrem
  
  if "%1" == "stop" goto STOP_NAT
  devcon enable @root\vmware\0001
  goto QUIT
  
  :STOP_NAT
  devcon disable @root\vmware\0001
  
  :QUIT 
{{category2 仮想化}}