トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

VMWare ESX で、コマンドでIPを変更するの変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!SSHサーバを有効にする
!! ESXi 4.1以前の場合
http://www.hoster.jp/hoster-jp/esxi-ssh/
1. コンソールの画面で、Alt + F1を押します。(よくある、ttyの切り替えで)
2. つぎに”unsupported“とタイプします。画面上には入力結果は表示されません
3. パスワードプロンプトが表示されるので、ESXi本体に設定したrootのパスワードを入力してください。
4. /etc/inetd.confの32行目付近のSSHの先頭行の#を外します。(エディタはviしかないです)
5. /sbin/services.sh restartをします。
6. Update for ESXi 3.5 Update 2ではservicesの再起動ではうまくいかないようです。その場合は、ps| grep intetdでプロセスIDを取得して、kill -HUP <プロセスID>を実行します。これでもだめなら、本体をrebootしてください。
7. これで晴れてSSH接続は完了です。
ESX は、ESXi と違ってコマンドでIPを変更する。
http://ameblo.jp/madqow007/entry-10907025476.html

!IPを変更する
 # esxcfg-vswif -i [新IPアドレス] -n [ネットワークマスク] [ネットワークデバイス]
 # esxcfg-vswif -i 192.168.1.101 -n 255.255.255.0 vswif0

!! ESXi 4.1 の場合
http://d.hatena.ne.jp/ogawad/20110411/1302481870
http://d.hatena.ne.jp/jitsu102/20110212/1297491366
!方法1(コンソールからの設定)
+ESXiが起動したら、[F2]キーを押し設定画面へ移動します
+[Troubleshooting Options]を選択し、[Enter]キーを押します。
+[Disable Local Tech Support]を選択し、[Enter]キーで設定を[Enabled]に変更します。
+[Disable Remote Tech Support (SSH)]を選択し、[Enter]キーで設定を[Enabled]に変更します。
+[Esc]キーを2回押し、起動画面に戻ります。
!インターフェイスの状態確認
 # esxcfg-vswif -l

!方法2(vSphere Clientからの設定)
+vSphere ClientでESXiへ接続します。
+[構成]タブの[ソフトウェア]->[セキュリティプロファイル]を選択します。
+[セキュリティプロファイル]画面右上の[プロパティ]を選択します。
+以下の設定項目のオプションで、起動ポリシーを[ホストに連動して開始および停止]に設定します。
++[Local Tech Support]
++[Remote Tech Support (SSH)]
!ゲートウェイの変更
 /etc/sysconfig/network
のGATEWAY を変更する。
例:
 GATEWAY=192.168.1.254

!!!ESXi にSSHでログインする際に使う鍵について
http://kaznor.blog56.fc2.com/blog-entry-5.html

ESXi の
 /.ssh/authorized_keys
に公開鍵を仕掛けると、再起動の度に削除されてしまう。
そこで
 # cd /
 # tar cvzf ssh.tgz .ssh
 # mv ssh.tgz /vmfs/volumes/Hypervisor1/
 # vi /vmfs/volumes/Hypervisor1/boot.cfg
以下のように編集
 modules=binmod.tgz --- environ.tgz --- cim.tgz --- oem.tgz --- license.tgz --- state.tgz

 modules=binmod.tgz --- environ.tgz --- cim.tgz --- oem.tgz --- license.tgz --- state.tgz --- ssh.tgz
 に編集( --- ssh.tgz を追加)

再起動後に
  /.ssh/authorized_keys
が存在することを確認する
{{category2 仮想化}}