トップ 一覧 置換 検索 ヘルプ RSS ログイン

VMWare ESXi でクローン、デプロイする際の注意点の変更点

  • 追加された行はこのように表示されます。
  • 削除された行はこのように表示されます。
!!!kill コマンドでプロセス削除
 ps | grep マシン名
 kill -9 pid
で強制的にプロセスを終了させる
!!!Sysprepでドメイン参加に失敗する場合
vCenter を使ってデプロイ、クローンする際にWindowsのカスタマイズができる。
クローン、デプロイ後に、Sysprepを自動的に実行する機能である。
この機能を使ってドメインに参加しようとすると、失敗することがある。

!!!ps にプロセスがない場合はエージェント再起動
コンソールの画面で
 Restart Management Agents
を選んで再起動。

!!!素直にホストマシンを再起動
何をやってもダメなら、ホストマシンを再起動

!!!固まった原因を調べる
 /sbin # vim-cmd vmsvc/get.tasklist 1296
 (ManagedObjectReference) [
    'vim.Task:haTask-1296-vim.VirtualMachine.reset-12091',
    'vim.Task:haTask-1296-vim.VirtualMachine.reset-12375'
 /sbin # vim-cmd vimsvc/task_info 12091
 (vmodl.fault.ManagedObjectNotFound) {
    dynamicType = <unset>,
    obj = 'vim.Task:12091',
    msg = "The request refers to an object that no longer exists or has never existed."
}




ドメインに参加させるには、ドメインとユーザ名をFQDNで指定する必要がある。
!例
:Windowsサーバのドメイン:domain.local
:ユーザ名:administrator@domain.local
{{category2 仮想化}}