トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

VMWare ESXi 4.1 でゲストCPUコア数を変更する

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1007/23/news109_3.html

説明

ESX/ESXi 4.1 からゲストマシンのCPU毎のコア数を変更できるようになった。
ただ、設定項目として普通に見える形にはなっていない。
ESX5.1 からは設定項目として設定できるようになっている。
4.1でコア数を変更するには2つの方法がある。

vSphere Client を使う方法

  1. 設定対象のゲストマシンのプロパティを開く
  2. オプションタブの全般にある「構成パラメータ」を選択
  3. 行の追加で、「cpuid.coresPerSocket」を追加する
  4. cpuid.coresPerSocket の設定値として、CPU毎のコア数を入力する
  5. ハードウェアタブのCPUの「仮想プロセッサ」を全CPUのコア数の合計値を設定する

vmx を書き換える方法

関係する設定値

numvcpus
全CPUのコア数の合計値。vSphre ClientのハードウェアタブのCPUにある「仮想プロセッサ」の値。
cpuid.coresPerSocket
1CPUのコア数

もし、1CPUで4コアにしたいときは

numvcpus=4
cpuid.coresPerSocket=4

にする。


設定値例

想定する設定 仮想プロセッサの値(numvpus) cpuid.coresPerSocketの値
1CPU X 4コア 4 4
2CPU X 2コア 4 2
1CPU X 8コア 8 8
2CPU X 4コア 8 4


[カテゴリ: 仮想化]



  • Hatenaブックマークに追加
  • livedoorクリップに追加
  • del.icio.usに追加
  • FC2ブックマークに追加

最終更新時間:2013年08月25日 20時59分29秒